【Echo Buds レビュー】音質・評価も Amazonの純正ワイヤレスイヤホン【日本】

Amazon Echo Buds

この記事で分かること

  • Amazon Echo Budsの使用感はどうなのか?
  • Echo Budsについて、実際の感想やレビューを教えてほしい。

今回は、こんな疑問や要望に答えていきたいと思います。

 

Amazonというと何を浮かべますか?Eコマースサイトと答える人が多いのではないでしょうか?

もちろんEコマースもメイン事業ではありますが、最近はサーバー事業のAWSに加え、Alexaを軸としたハードウェアにも力を入れています。

今回ご紹介するのは、そんな中Amazonが独自に作った、「Amazon Echo Budsです。(リンクは第二世代)

今回は「【Amazon Echo Buds 購入 レビュー】Boseのノイズリダクション付き【日本】」について書いていきます。

Echo Buds」のデザイン・サイズ

Amazon Echo Budsは、Amazon自社ブランドのノイズリダクション付きワイヤレスイヤホンです。

サイズは「2.2cm×2.4cm(縦×横)」です。

 

例えば、「BoseのSoundSport Free」と比べると、やや軽く、サイズも小さめで、コンパクトと言えます。

色は今のところ1種類で、ベーシックなブラック一色です。

色が黒単色なとこはなんかアマゾンらしい気がするな~

シロ
次のアップグレード時にバリエーションが増えてるかも!

デザインはかなり丸み帯びていて、Alexaのロゴデザインに似ています。もしかしたら意識しているのかもしれません。

充電ケースも丸み帯びたデザインです。サイズは5.7cm×7.7cm(縦×横)、重さは86gで、持ち運ぶのに十分軽く仕上がっています

Echo Buds」の機能・特徴

Amazon Echo Budsは、Boseのノイズリダクションが付いたお求めやすい価格のワイヤレスイヤホンです。

それでは、本アイテムの機能や特徴を見ていきましょう。

まず、「Alexa対応があります。

これまではスピーカー等に声を拾ってもらう必要がありましたが、Amazon Echo Budsを使えば、イヤホンが声を拾ってくれます。

イヤホンを付けていれば、Alexaを使って、色々なことを指示することが可能になるのです。

次に、「ノイズリダクション」です。

Amazon Echo Budsは小さなイヤホンですが、Bose社からノイズリダクションの技術を提供してもらい、その技術が惜しみなく組み込まれています

実際に使ってみると、Bose社の技術を使っているだけあって、かなり周りの音を消してくれます。質が高いです!

勉強などに集中する時もそうですし、音楽をよりクリアな音で聞きたい場合に効果的です。ちなみに、私は基本的にノイズリダクションをオンにして、音楽を聴いています。

逆に、「外の音を拾うパススルー」という機能も付いています

例えば、道を歩きながら音楽を聴いていると、車の音などが聞こえにくいため、車が近づいていることが分からずに危険なことがあるかもしれません。

パススルー機能を使えば、音楽を聴きながら外の音が聞こえるので、そういったケースを防ぐことができます。

ノイズリダクションやパススルー等の機能は、Amazon Echo Budsの独自アプリではなく、Alexaのアプリを使って操作します。

使っている中で気付いたのは、Amazon Echo Budsは片方のイヤホンを耳から外すと音楽が止まることです。

例えば「BoseのSoundSport Free」は、耳から外れようが再生は止まりません。どちらが良いかは個人の好みによるかなと思います。

ちなみに、通話には使えるのかい?

シロ
ナイス質問!通話にも使えて、しかも両耳のイヤホンが対応してるよ!

さらに、イヤホンを使用中に真ん中の丸い部分をこするように触ると、ノイズリダクションとパススルーの切り替えができます。いちいちアプリで設定するのが面倒だったりするので、これは便利な機能です!

目次に戻る▶▶

Echo Buds」と競合製品との比較

 Amazon Echo BudsRHA TrueConnectBose SoundSportAirPods Pro
値段14,980円15,364円20,100円18,079円
Amazonレビュー 星の数444.5
接続性 ▲
耳へのフィット感
再生時間(本体)5時間5時間5時間5時間
ノイズキャンセリング××
音質○(澄んだ音)○(低音ビート)
防水性
重さ11g13g18g11g


特筆すべきは、Amazon Echo Budsの値段でしょうか。2020年4月時点で日本で販売されていないので、アメリカでの値段ですが、他よりかなり安いです。この値段で、Boseのノイズキャンセリング機能が付いているのは、お得かと思います。

一方、現在日本で大人気のApple AirPods Proは、値段が高い一方マイナスな点が少ない製品で、デザインも他と違い細長いので、好みが別れるかもしれません。

目次に戻る▶▶

Amazon Echo Buds」の良い点・イマイチな点

しばらく「Amazon Echo Buds」を使ってみて、良い点とイマイチな点をまとめてみました。

良い点

  • Bose社の技術を使っているので、ノイズリダクションの質が高い。
  • パススルー機能もあり、外の音を拾える。
  • 通話にも使える。
  • イヤホン使用時に、イヤホンに触れることでノイズリダクションとパススルーの切り替えが可能。

イマイチな点

  • 耳への着け心地・フィット感が良くない。
  • イヤホンに音量調整や曲の再生・停止コントロールボタンが付いていない。調整にはモバイルのアプリを触る必要がある。
  • Bluetoothの接続が時々途切れる

以前のこちらの記事で書いたように、私は「Bose SoundSport Free wireless headphones」を愛用しているのですが、それと比べると着け心地やイヤホン上での操作ボタンの無さが欠点として挙げられます。

Amazon Echo Buds」は運動用に作られたわけではないので、仕方ないのかもしれません。

一方、ノイズリダクションやパススルー機能は重宝するところです。

一つ不満を挙げるとすれば、Bose SoundSport Freeと同様、Bluetoothの接続が時々途切れることでしょう。私は通話にも「Amazon Echo Buds」を使うのですが、時々音声が飛ぶことや接続が途切れて話せなくなることがあり、イライラすることもあったりします。

Bose SoundSport Free wirelessは、運動用だから耳へのフィット感とイヤホン自体の操作性が 抜群らしいね

シロ
それと比較するのは少し酷だったかも。。。

【Bose Soundsport Free ランニング レビュー】ボーズのおすすめワイヤレスイヤホン 見た目や使い方も

目次に戻る▶▶

Echo Buds」レビューまとめ

本記事は、「【Echo Buds レビュー】音質・評価も Amazonの純正ワイヤレスイヤホン【日本】」について綴りました。

Amazon Echo Buds」は、Amazonが出した自社ブランドのワイヤレスイヤホンで、Boseのノイズリダクション機能を搭載しています。

Alexaをイヤホンから使いたい人はもちろん、Bose式の質の高いノイズリダクション機能をイヤホンで使いたい人、運動用ではなく通勤や作業中に使い方にはおすすめしたい一品になっています!

ノイズリダクション機能がついているワイヤレスイヤホンとしては、かなり安いのもおすすめポイントです!

「Amazon Echo Buds」の評価
デザイン
(3.5)
機能
(4.0)
価格
(4.5)
総合評価
(4.0)

目次に戻る▶▶

 

関連記事です。

 

これまで使ってきたアイテムの中で、特におすすめをまとめています。▶買ってよかったおすすめガジェット【2021年】

ガジェット おすすめ・便利・買ってよかった【2021年】【ハイテクガジェット】

 

こちらでAirPods Proの詳細レビューを書いています。▶【AirPods Proレビュー】音質やつけ心地【評価】

【AirPods Pro レビュー】音質やつけ心地・着け心地 【評価・エアーポッズプロ】

 

Macbook Airと合わせて買うと良いアイテムは、こちらをどうぞ。Macbook Airと一緒に買うアクセサリー 周辺機器

Macbook Air と一緒に買うもの 周辺機器・アクセサリ【m1】【必要なもの・必須】【2022年】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA