【Bose home speaker 300 レビュー】ホームスピーカー 300 500との比較や違い

この記事で分かること

  • 自分の部屋やリビングで使える、おすすめのスピーカーが知りたい。
  • Bose home speaker 300について、実際のレビューや感想を教えてほしい。

今回は、こんな悩みや要望に答えていきたいと思います。

 

私はしばらく前に引越した際、リビング用のスピーカーを新たに買うことにしました。

そこで入念に調べた結果買ったのが、こちらの「Bose Home Speaker 300」です。

 

シロはBoseのアイテムよく買ってるよね〜

シロ
音質良くて壊れにくいし、デザイン良いしね。Boseファンですな。

ということで、今回は「【Bose home speaker 300 レビュー】ホームスピーカー 300 500との比較や違い」について書いていきたいと思います!

「Bose home speaker 300」の見た目とサイズ

Bose Home Speaker 300」は、低音が効いた高音質を誇る、コスパが抜群なホームスピーカーです。

サイズは「縦16.1cm×横14.2cm×奥行き10.0cm」です。

片手で何とか持てるくらいのサイズ感です。

重さは「923g」です。

アルミと樹脂製で、サイズの割に軽めですよ。

色は「トリプルブラック」と「ラックスシルバー」の2種類から選べます。

私はトリプルブラックを選びました。

シルバーもカッコ良いですな。

スピーカー上側には、音量やBluetooth、ミュートなどのボタンがあります。

シンプルで、分かりやすいですね。

裏側は電源入力に加えオーディオ入力端子があり、Bluetooth機能を持たない端末への接続が可能です。

円形にスピーカーが搭載されていて、360度全方向に音が響くんですよね。

重低音が効いていて音に厚みがあり、とても良いです。さすがBoseと言えるでしょう。

「Bose home speaker 300」の機能や特徴

Bose Home Speaker 300」は、低音ビートの効いた厚みのある音に加え、滑らかでオシャれなデザインを誇る、コスパが抜群のホームスピーカーです。

それでは、Bose Home Speaker 300の機能や特徴を見ていきましょう。最初にまとめてみると、以下の通りです。

  • 低音が効いた秀逸な音質。
  • 音声ガイダンスへの対応。
  • 滑らかなデザインと質感。
  • 抜群のコスパ。

先ずは、「低音が効いた秀逸な音質」です。

Bose製アイテムの最大の特徴は、低音ビートが十分に効いた音質でしょう。

Bose Home Speaker 300」でもそれは健在で、非常に良い音を奏でてくれますよ。

続いて、「音声ガイダンスへの対応です。

Bose Home Speaker 300」は、AlexaやGoogle Homeに対応しています。

つまり、自分の声で音楽をかけられるのですね。

「Bose Music」という専用アプリをダウンロードし、設定すれば直ぐに使えます。

設定自体も、簡単にできますね。

Spotify・Amazon Music・Apple Musicに対応しています。

私はSporifyを使っていますね。

 

オーディオ設定で、高音と低音のバランスを自分好みに調整できます

音のカスタマイズ性も優れていますね。

 

続いて、「滑らかなデザインと質感」です。

Bose Home Speaker 300」は、インテリアとしてもお洒落な、絶妙に丸み帯びたデザインをしています。

質感や触り心地も優れていますね。

インテリアとしても秀逸なアイテムと言えます。

最後に、「抜群のコスパ」です。

Bose Home Speaker 300」は、これまで説明してきた通り、非常に高い音質と便利な機能を兼ね揃えています。

このレベルの品質であれば、5万円近くしても驚かないのですが、「Bose Home Speaker 300」はなんと3万円弱で買えます

コスパのお得感が半端ないですね。非常に良い買い物をしたとしみじみと思いますよ。

「Bose home speaker 300」と500の比較

続いて、同じくBose製のスマートスピーカー500と300を比較していきましょう。

 Home Speaker 300Home Speaker 500
値段27,832円50,760円
Amazon レビュー 星の数4.54
サイズ  (横×縦×幅)14.2cm × 16.1cm × 10.2cm17cm × 20.3cm × 10.9cm
重さ0.9kg2.15kg
デザインLCD画面なしLCD画面あり
音声操作アレクサとグーグルアシスタント同左
音質クリアさに少し劣るややクリア

Bose Home Speaker 300」と比較し、500の方が優れている点はLCD画面とややクリアな音質です。

一方、サイズや重さは300の方がコンパクトで持ち運びやすいですね。

最も大きな違いは値段で、300の方が圧倒的に安いです。

Bose Home Speaker 300は、コスパが抜群なのですよね。

おそらく500は、音量もやや大きくLCD画面も付いているのですが、よほど部屋が大きくない限り、「Bose Home Speaker 300」で十分と思います。

私は本アイテムを2年ほど使い続けていますが、変わらずとても満足していますよ。

「Bose home speaker 300」の良い点とイマイチな点

次に、「Bose Home Speaker 300」をしばらく使って感じる良い点とイマイチな点をまとめておきます。

良い点

  • Boseのスピーカーとしては抜群のコスパ。
  • 低音ビートが効いた厚みのある高音質。
  • デザインが滑らかで良い。
  • スピーカーもアプリも直感的で操作しやすい。
  • アレクサ等音声でコントロール可能。

イマイチな点

  • 特になし。

Bose Home Speaker 300」は、低音ビートの効いた厚みのある音に加え、滑らかでオシャれなデザインを誇る、コスパが抜群のホームスピーカーです。

前述の通り、私は2年間使い続けていますが、故障もありませんし、非常に満足しているアイテムです。おすすめですね。

「Bose home speaker 300」購入1年後の感想

Bose Home Speaker 300」を買って1年超経ったので、改めて感想を追記したいと思います。

先ず、「非常に満足」しています。

アイテムによっては、買ってしばらく経ち、当初想定していなかった問題点が見えることもあります。

が、Bose Home Speaker 300」はそれもなく、現在まで非常に満足していますね。

自宅で作業する時など、毎日に近い頻度で使っていますよ。

次に、「低音が効いた音は健在」ですね。

私が「Bose Home Speaker 300」を使い続けている理由は、これに拠るところが大きいです。

「これぞBose」という、低音ビートが効いた音質は秀逸で、他スピーカーとも差別化ができています

最後に、「丸み帯びた優しいデザインが、インテリアとして部屋に馴染む」です。

私は棚の上に置いているのですが、丸み帯びていて滑らかなデザインなので、部屋に違和感なく馴染んでいます

自然体とでも言いましょうか。

なので、インテリアとしても気に入っていますよ。

1年経っても当初の評価は変わらず、非常に高い満足感があります!

「Bose home speaker 300」レビューまとめ

本記事は、「【Bose home speaker 300 レビュー】ホームスピーカー 300 500との比較や違い」について書いてきました。

Bose Home Speaker 300」は、Boseらしい低音が効いた高い音質に加えて、滑らかで秀逸なデザインや質感を誇るホームスピーカーです。

これだけの質を誇る一方で、値段は28,000円程度とコスパが抜群です。

私は購入以来2年ほど使い続けていますが、非常に満足しているアイテムです。自宅で使うホームスピーカーをお探しの方には強くおすすめしたい一品ですね。

Boseホームスピーカー300の評価
音質
(4.5)
デザイン・質感
(4.5)
機能
(4.0)
価格
(4.0)
総合評価
(4.5)

 

関連記事です。

 

こちら、テレワーク・在宅ワークにおすすめのアイテムをまとめました。

テレワーク/在宅ワークのおすすめ ガジェット【在宅勤務/リモートワーク】【Bose】

 

おすすめのガジェットを一纏めにした記事はこちらです。

【2020年】買って良かった 便利なおすすめガジェット 買ってよかった おすすめ・便利 ガジェット 【2020年】

 

iPhoneユーザーであれば、Airpods Proはマストなアイテムと言っても良いかもしれません。

【AirPods Pro レビュー】音質やつけ心地/付け心地【2020年】

 

こちら電話・ビデオ会議にもおすすめな、Anker製のコスパが抜群なスピーカーフォンです。

Anker PowerConf スピーカーフォン 【Anker PowerConf スピーカーフォン レビュー】使い方やマイク設定【USB接続や有線接続】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA