【Bose Soundsport Free ランニング レビュー】ボーズのおすすめワイヤレスイヤホン 見た目や使い方も

この記事で分かること

  • ランニングや運動におすすめのワイヤレスイヤホンはあるか?
  • BoseのSoundSport Freeについて、実際に使った感想やレビューを知りたい。

今回は、こんな要望や質問に答えていきたいと思います。

 

私はランニングやジムでよく運動をするのですが、なかなか運動中に使いやすいイヤホンがありませんでした。ワイヤーは邪魔だし、ワイヤレスでも耳からよく落ちてしまうものばかり。

棚には今は使われていないイヤホンが山積みに。。。

シロ
それは内緒にしておいてよ〜

そんな中、入念に調査して購入したのが「Bose SoundSport Free」です。

ということで、今回は「【Bose Soundsport Free ランニング レビュー】ボーズのおすすめワイヤレスイヤホン 見た目や使い方も」について書いていきます。

Bose Soundsport Free」の見た目とサイズ

Bose SoundSport Free」は、Bluetoothでスマホと接続できる、ワイヤレスイヤホンです。

サイズは「2.5cm×3.2cm×3.0cm(横×縦×奥行き)」とやや大きめですが、耳につけてみると気になりませんね。

重さは「19g」で、かなり軽いです。

シロ
少し大きめだから、逆に失くしにくいよね。落としたら気付きやすいし。

小さなイヤホンだと、持ってても失くしても気づかないからね。

色は4種類(ウルトラバイオレット/ミッドナイトブルー、トリプルブラック、ブライトオレンジ/ミッドナイトブルー、ミッドナイトブルー/イエローシトロン)あり、好きなものを選べます。

私はミッドナイトブルー/イエローシトロンを買いました。

珍しくポップな色を選んだね~

シロ
たまには冒険しなくちゃ!

まぁ冒険言うほどでもないけどw

街中でよくこのイヤホンをつけてる人を見かけますね。結構人気があるんでしょう。

Bose Soundsport Freeの機能や機能

Bose SoundSport Free」は、耳へのフィット感に優れた、ランニング等運動時に最適なワイヤレスイヤホンです。

それでは、本アイテムの機能や特徴を見ていきましょう。

先ず、「低音が効いた厚みのある音質」です。

私はBose製品を幾つか使っていますが、その最大の特徴は、音質の高さです。

低音のビートが効いていて、非常に厚みがある良い音質ですね。

Bose SoundSport Free」は、そのBoseの良さを存分に持っていて、音質が非常に高いです。

これまで、10を超える色々なメーカーのイヤホンを使ってきましたが、「Bose SoundSport Free」の音質は指寄りですね。

次に、「耳へのフィット感の高さ」です。

運動時にイヤホンを使う時に困るのが、動いている内に耳から抜け落ちてしまうことです。

その点、Bose SoundSport Freeは、耳へのフィット感が抜群に良いですね。

円錐型のノズルが耳に良くはまり、ウィングによって安定性が保たれています。

私は本アイテムを使っていて、これまで一度も耳から外れたことがないですね。

続いて、「防水性」です。

運動していると、汗ばんできますよね。従って、イヤホンは防水である必要があります。

Bose SoundSport Free」は、撥水性のメッシュ素材をが使われていて、故障の原因になる内部への水の侵入を防ぎます

雨の時にも使えるということですな。

続いて、「イヤホンの位置情報を確認できる専用アプリ」です。

Bose SoundSport Free」には、Bose Connectという専用アプリがあります。

このアプリでは様々な設定が可能なのですが、特に役立つのがイヤホンの位置情報を教えてくれる機能です。

私も何度か、オフィスに「Bose SoundSport Free」を置き忘れた時に本機能を使いました。失くしたのかと思ったので、安心しましたね。

Bose Soundsport Freeと競合製品の比較

続いて、Bose SoundSport Free」を競合製品と比較してみましょう。

 Bose
SoundSport
Apple
AirPods Pro
Jabra
Elite 75t
ソニー
WF-1000 XM3
価格
22,960円19,570円19,602円23,697円
Amazonのレビュー 星の数 
44.54.54.5
再生時間5時間5時間7.5時間6時間
重さ19g8g13g17g
防水性
ノイズキャンセリング××

Bose SoundSport Free」を競合製品と比較してみると、ノイズキャンセリングや再生時間などで、競合製品に軍配が上がりますね。

一方、防水性と、定量的には比較しにくい耳へのフィット感については、「Bose SoundSport Free」が勝ると思います。

従って、特にランニングや筋トレ等の運動時に良いワイヤレスイヤホンをお探しの場合、本アイテムがおすすめできると思いますね!

Bose Soundsport Freeの良い点とイマイチな点

次に、「Bose SoundSport Freeを実際に使って感じた、良い点とイマイチな点をまとめておきます。

良い点

  • 防水機能がある。
  • 運動時に使っても、耳から外れない・落ちない。
  • 耳へのフィット感が抜群。
  • 低音ビートが効いて音質が良い。
  • アプリを使えば、どこかに忘れた場合に場所を特定できる。

イマイチな点

  • サイズがやや大きめ。
  • Bluetoothが時々切れる。

Bose SoundSport Free」は、防水性と耳へのフィット感に優れた、Bose製のワイヤレスイヤホンです。

1点残念なのは、時々Bluetoothの接続が切れることです。

音楽を聞いている時というよりも、通話してる時に接続が切れることがあり、これはストレスが溜まることがありますね。

Bose Soundsport Freeレビューまとめ

本記事は、「【Bose Soundsport Free ランニング レビュー】ボーズのおすすめワイヤレスイヤホン 見た目や使い方も」 について綴りました。

Bose SoundSport Freeは、Boseらしい低音ビートが効いた厚みのある音質に加えて、防水性と高い耳へのフィット感を備えたワイヤレスイヤホンです。

私は現在、「RHA TrueConnect」をメインのイヤホンに使っていますが、ランニング時など運動する時は、変わらず「Bose SoundSport Free」を使っています。

やはり、耳から取れず、汗にも強い点は魅力なわけです。

ということで、運動時に使えるワイヤレスイヤホンをお探しの方には、「Bose SoundSport Free」をおすすめしますよ!

「Bose SoundSport Free wireless headphones」の評価
デザイン
(3.5)
耳へのフィット感
(5.0)
音質
(4.5)
防水性
(4.0)
価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

 

関連記事です。

 

同じくBoseのホームスピーカーです。質が高い一方、コスパが抜群ですよ。

【Bose home speaker 300 レビュー】ホームスピーカー300 500との比較や違い

 

Airpods Proのレビューです。iPhoneユーザーであれば、マストなアイテムかもしれません。

【エアーポッズ プロ レビュー】評価やスペック つけ心地も【AirPods Pro】

 

日本ではまだ未発売のAmazon Echo Budsです。Boseのノイズリダクション機能付きですが、価格はかなり抑えられています。

Amazon Echo Buds 【Amazon Echo Buds 購入 レビュー】Boseのノイズリダクション付き【日本】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA