Amazonプライム 30日間の無料体験を試す

【Tile Mate レビュー】使い方や設定【なくしものアプリ】

この記事で分かること

  • 財布や鍵の置き忘れに役立つデバイスはないか?
  • スマホの置き場所を探せるアイテムはあるか?
  • Tileについて、感想やレビューが知りたい。

今回は、こんな要望や質問に答えていきたいと思います。

 

最近は気を付けているのですが、私は家の中でどこに鍵を置いたか忘れることがあります。

結果的に何とか見つかるのですが、時間がかかって面倒なわけです。

そこで今回、探し物を見つけるのに便利なアイテムを見つけ、買ってみました。

それが、「Tile Mate」です!

シロはまぁ色んな物失くすし、置き忘れるからな~

シロ
Tileのおかげで、これからはもう安心ですな。

ということで、今回は「【Tile Mate レビュー】使い方や設定【なくしものアプリ】」について書いていきたいと思います。

Tile Mate」の見た目と大きさ

Tile Mate」は、コンパクトで音が鳴る、便利な探し物トラッカーです。

サイズは、「縦3.5cm、横3.5cm、厚みが0.6cm」です。

私が愛用している目薬Sante FXより、一回り小さい位のサイズ感ですね。

正直、もっと小さいと更に便利ですが、問題ないサイズと思います。

重さは「7g」です。

見た目で予想していたより、軽かったです。これなら、持ち運びに全く支障ないですね。

表の真ん中には「tile」のロゴが入っています。

これは単なる飾りでしゃなくて、ボタンです。あとで説明しますが、時々使うボタンですね。

左上は、輪っかになっています。

ここにリングを通して、鍵やら傘やら、探知したいものと繋ぐわけです。

細かい点ですが、これは必須のデザインで、助かりますね。

裏側には電池の開閉部分があります。スライドさせて開け閉めする形ですね。

電池は円形リチウム電池の3vとなっております。

目次に戻る▶▶

Tile Mate」の機能と特徴

Tile Mate」は、コンパクトでデザインにも優れた、探し物トラッカーです。

それでは、その機能や特徴を見ていきましょう!

先ず、「アプリとの連動」です。

Tile Mate」には専用アプリがあります。

UIも優れていて、使いやすいアプリです。

アプリを通じてiPhone等スマホとtileを連動させます。

アプリでは、「Tile Mate」の現在地がどこか知ることができます。

毎月で追加料金を払えば、tileの過去所在地の変遷などが見れますね。

シロ
僕は使っていませんがw

とりあえずプレミアムには入らなくても、必要なことは足りそうやな。

次に、「音を鳴らせる」ことがあります。

例えば、私が持っているBoseのイヤホンには所在地確認の機能がありますが、地図上で大体の場所が分かるだけです。

一方、Tile Mate」は、スマホからtileにアラームを鳴らせます

このおかげで、「Tile Mate」がどこにあるのか、直ぐに発見できるのです。

そして、「スマホも探せる」ことです。

スマホから「Tile Mate」を探せることは勿論ですが、逆にtileからスマホも探せます

具体的には、tileの真ん中にあるボタンを二度クリックすると、スマホの音を鳴らすことができるんです。

実は鍵の付いたtileを探すより、こっちの機能の方が重宝していたりしますw

これはかなり助かる機能!

シャシン

続いて、「最後に検知した場所の記録」です。

万が一、落とし物をしてしまった場合、Tile Mate」とのBluetooth通信が切れた最後の場所を、アプリで確認できます

なので、どの辺りで落としたのか、大体の当たりを付けることができますね。

シャシン

最後に、「質感とデザイン」です。

私は以前、犬用のGPSトラッカーを幾つか試したことがあるのですが、トラッカーが大き過ぎる上、デザインがダサかったこともあり、使うのを止めました。

Tile Mate」は、アプリも含めて、デザインに力を入れていることが分かります

例えば、トラッカー表面はマットな感じに仕上がっていますし、四つ角の丸み具合等のバランスも良いですね。

目次に戻る▶▶

Tile Mate」の競合製品との比較

続いて、「Tile Mate」とその競合製品を比較してみましょう。

Tile MateMAMORIOCube
値段2,015円2,480円2,683円
Amazon レビュー 星の数43.54
サイズ3.5cm×3.5cm×0.6cm3.5cm×1.9cm×0.35cm3.8cm×3.8cm×0.9cm
重さ7g3g12g
接続距離60m60m30m
電池寿命1年間1年間
電池種類リチウム(CR1632)リチウムリチウム(CR2032)
専用アプリ
接続方法Bluetooth4.0Bluetooth4.0Bluetooth4.0

競合製品を見てみると、Cubeは重さや接続距離、大きさで「Tile Mate」に軍配が上がる一方、MAMORIOについては、逆でサイズや重さで劣っていますね。

ここには含めていませんが、デザイン性やアプリについては、「Tile Mate」が勝るでしょう。

目次に戻る▶▶

Tile Mate」の良い点とイマイチな点

次に、「Tile Mate」をしばらく使って感じる、良い点とイマイチな点を見ていきましょう。

良い点

  • tileを使ってiPhone・スマホを探せる機能がかなり便利。
  • tileで音を鳴らせるので、物が探しやすい。
  • デザインが良い。
  • アプリも使いやすい。
  • 輪っかがあるので、鍵等と繋ぎやすい。

イマイチな点

  • さらにもう少し小さくなると、持ち運びに便利。
  • 値段はやや高め。
  • 過去の所在地変遷などは、プレミアムで毎月課金しないと使えない機能なのは不便。

Tile Mate」は、音が鳴る便利な探し物トラッカーです。

私が一番気に入っている機能は、tileを使ってスマホを探せることですね。

鍵もそうなんですが、スマホもよくどこに置いたか忘れるのでw

アプリも使いやすいですし、Tile Mate」で音が鳴らせる点も助かります。

一方、tile自体がもう少し薄く小さければ、例えば財布に入れやすいなとも思います。

所在地の過去履歴などの機能は、毎月の課金をしないと使えない点も、イマイチかなとは思いますね。

目次に戻る▶▶

Tile Mate」のまとめ

今回は、「【Tile Mate レビュー】使い方や設定【なくしものアプリ】」について書いてきました。

Tile Mate」は、コンパクトな探し物トラッカーで、音を鳴らして直ぐにモノを探すことができます

加えて、Tile Mate」を使って、逆にスマホのアラームを鳴らして、スマホも探知することができます

正直、スマホの逆探知機能は買うまで知らなかったので、嬉しいサプライズでした。

スマホの方が置き場所をよく忘れるので、この機能が一番重宝していますw

カード式や更に小さく貼るタイプのtileもありますし、私のようによく忘れ物をする方や、探し物トラッカーをお探しの方には是非おすすめしたい一品ですね!

「tile Mate 2020」の評価
見た目・デザイン
(4.0)
サイズのコンパクトさ
(3.5)
機能
(5.0)
アプリの使いやすさ
(4.0)
価格
(3.5)
総合評価
(4.5)

目次に戻る▶▶

 

関連記事です。

 

Tileのプレミアム版である「Tile Pro」も買い、こちらでレビューを書きました。▶【Tile Pro プレミアム レビュー】Mateとの違い 使い方やアプリも

【Tile Pro プレミアム レビュー】Mateとの違い 使い方やアプリも【2020年】

 

これまで使ってきたアイテム・ガジェットの中で、特におすすめをこちらでまとめています。▶買ってよかったおすすめガジェット【2021年】

おすすめ・便利 買ってよかった ガジェット 【2021年】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA