【FlexClip レビュー】Macにもおすすめの動画編集アプリ【使い方】

この記事で分かること

  • Mac含めオンラインで使える動画編集ツールはあるか?
  • FlexClipの、実際の感想やレビューが知りたい。

今回はこうした質問や要望に答えていきたいと思います。

 

昨今、ネット環境の改善等もあり、動画が急速に普及しています。

それに伴い、動画編集のニーズが増えていますね。

そんな中で、今回はクラウドベースの動画編集ツールを紹介したいと思います。それが、こちらの「FlexClip」です!

シロって動画編集できるんやっけ?

シロ
なんやかんや動画編集始めて1年以上経ちますな。

ということで、今回は「【FlexClip レビュー】Macにもおすすめの動画編集アプリ【使い方】」について書いていきたいと思います。

FlexClip」の機能や概要

FlexClip」は、豊富なテンプレートを誇る一方、シンプルで操作性にも優れた、Web/クラウドベースの動画編集アプリです。

非常に簡単に使えるのですが、主な機能は以下になります。

  • 動画のトリミング。
  • 音楽/テキストの追加。
  • 動画透かし。
  • 動画の分割/回転/ズーム/縦横比の変更。
  • 写真から動画への変更。
  • 自分の声を録音。

アカウントを作ってログインすると、以下のホーム画面になります。様々な動画テンプレートが一覧で出てくるのですね。

画像編集アプリのCanvaの画面に似てますな。

そして、左上の「新規プロジェクトを作成」を押すと、「ストーリーボード」か「タイムライン」かを選択し、続いて作成する動画の画面比率を選びます。

シロ
表示画面に沿って操作していけば良いので、非常に楽ですな。

すると、実際の動画編集画面に移ります。動画をアップロードするかテンプレートを選び、左側にあるメディアやテキスト他で追加・編集したいアイテムを選び、編集していきます。

編集したいアイテムは、概ねワンクリックで選べるので、煩わしくなく、迷いませんね。分かりやすいですよ。

編集を終えたら、右上の「エクスポート」ボタンを押し、解像度を選んでエクスポートします。

操作が簡便でかなり使いやすいですよ。

FlexClip」の特徴

FlexClip」は、豊富なテンプレートを誇る一方、インターフェースが使いやすい、便利なクラウド/Webベースの動画編集アプリです。

続いて、「FlexClip」の特徴を見ていきたいと思います。初めにまてめておくと以下になります。

  • クラウド/Webベース。
  • 豊富な動画テンプレート。
  • 使いやすいインターフェース。

先ずは「クラウド/Webベース」です。

FlexClip」は、クラウド/Webベースのアプリで、ダウンロードが不要且つネット環境があればどこでも使えます

ダウンロードするオンプレ型の場合、立ち上がるスピードがやや遅いですが、「FlexClip」はそんな心配がありませんね。

サイトにログインするだけで、滑らかにサービスを使うことができますよ。

次に「豊富な動画テンプレート」です。

FlexClip」は、1,000種類以上の動画テンプレートを自由に使え、それらをカスタマイズするだけで動画が作れます

テンプレートに加え、ロイヤリティフリーの音楽や動画、写真が100万点以上用意されていますね。

これらを無制限で使えるので、非常に助かりますよ。

素材を探すのは地味に時間かかるから、助かりますな。

最後に「使いやすいインターフェース」です。

FlexClip」は、非常にシンプルで使いやすいインターフェースを誇り、操作性が非常に優れています

そのデザインは「Canva Pro」に似ていますね。一つ一つのボタンやボックスが小さ過ぎず大き過ぎずで、ちょうど良いバランスに仕上がっています。

シロの実力でも簡単に使えましたよと。

FlexClip」の価格とプラン

次に、「FlexClip」の価格とプランを見ていきましょう。

無料ベーシックプラスビジネス
価格(年間)$0$71.88$119.88$239.88
サブスク/買切り– サブスクサブスクサブスク
クラウド/Web対応
ダウンロード画質480p SD720p HD1080p フルHD1080p フルHD
動画の最大長さ1分3分10分30分
ライブラリからの挿入動画数制限1つ1つ5つ制限無し
保存12件制限無し制限無し制限無し

FlexClip」は、豊富なテンプレートと使いやすさが光る、便利なWeb/クラウドベースの動画編集アプリです。

価格プランは4つあります。

無料プランはお試しがてら使ってみると良いかもしれません。色々と制限がありますね。

私のようにブログやウェブサイトに短めの動画を編集してアップするのであれば、プラスで良いでしょう。動画の長さが10分を超えてくることは、あまりないからです。

Youtube等、長めで質の高い動画をアップしたい方はビジネスが良いと思います。

ベーシック/プラス/ビジネスは、何れも買い切りではなくサブスク型で毎月/毎年の支払いになるので、ここは留意が必要ですね。

FlexClip」の良い点とイマイチな点

続いて、「FlexClip」をしばらく使って感じる、良い点とイマイチな点を見ていきましょう。

良い点

  • Web/クラウドベースで、場所/デバイスに縛られず利用可能。
  • ログインするだけで、立ち上がりが早い。
  • テンプレート・素材が豊富。
  • シンプルで使いやすいインターフェース。

 

イマイチな点

  • 値段がやや高めか。

FlexClip」の大きな魅力は、クラウドベースで場所やデバイスに捉われずに利用できることですね。

ダウンロードが不要ですし、立ち上がりも早いです。オンプレ/ダウンロード型だと、立ち上がりに時間がかかりますね。

質の高い動画テンプレートや、無料で使える写真や音楽も豊富に用意されていて、かなり使えます。使いやすさも魅力ですね。

一方、支払いはサブスク型で、買い切り型と比べるとやや高いですかね。その分、質が高いのでここはバランスかもしれません。

トレードオフってやつですな。

FlexClip」と競合ソフトの比較

次に、「FlexClip」と競合ソフトを比較していきましょう。

FlexClipFilmora XAdobe Premiere Pro
価格約13,000円/年(プラス)9,980円28,776円/年
ライセンスサブスク一括/無期限サブスク
Web/クラウド対応××
Mac対応
Macとの相性
Windows対応○(別売り)
操作性
プロ向け
テンプレート/素材数100万超1,000万超(追加料金)

FlexClip」を他の競合動画編集ソフトと比較してみました。

先ず、FilmoraXとの比較ですが、クラウド未対応な点や操作性で、FlexClipに分がありますね。

一方、値段はFilmoraXの方が圧倒的に安いので、利便性より出費を抑えたい方には良いと思います。

次に、Adobe Premiere Proですが、こちらは言わずもがな、プロ仕様の本格派動画編集ソフトですね。クラウド未対応なのでデバイスに縛られますが、そのクオリティは非常に高いですね。

ということで、クラウド型で場所やデバイスに縛られずに利用したい方や、操作性を重視する方には、「FlexClip」がおすすめと言えそうです。

「FlexClip」レビューのまとめ

ということで、今回は「【FlexClip レビュー】Macにもおすすめの動画編集アプリ【使い方】」について書いてきました。

FlexClip」は、豊富な動画テンプレートや使いやすさが光る、Web/クラウドベースの便利な動画編集アプリです。

テンプレートが豊富に有り、質の高い動画を手軽に作れますね。場所やデバイスに縛られない、質の高い動画編集アプリをお探しの方には、強くすすめたいアイテムになっております。

「FlexClip」の評価
デザイン・見やすさ
(4.5)
操作性
(4.5)
テンプレート数
(4.5)
動作スピード
(4.5)
価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

 

関連記事です。

 

こちらにて、Macにおすすめのソフト・アプリをまとめております。▶【Macにおすすめのソフト・アプリ】ウィルス対策や動画編集も

【Macにおすすめのソフト・アプリ】ウィルス対策や動画編集も

 

Macbook Airと合わせて買うと良いアイテムは、こちらをどうぞ。Macbook Airと一緒に買うアクセサリー 周辺機器

【2021年】Macbook Air と一緒に買うもの アクセサリ 周辺機器【Macbook Proも】【最初に】

 

これまで使ってきたアイテムの中で、特におすすめをまとめています。▶買ってよかったおすすめガジェット【2021年】

おすすめ・便利 買ってよかった ガジェット 【2021年】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA