【Wondershare PDFelement レビュー】評判や使い方 価格も

この記事で分かること

  • コスパの良いPDF編集ソフトはないか?
  • Wondershare PDFelementの、実際に使った感想やレビューが知りたい。

今回は、こうした疑問や要望に答えていければと思います。

 

ファイル形式の種類は沢山ありますが、その中でもPDFは最も使われているフォーマットの一つかと思います。

軽いファイルで送りやすいのですが、一方でPDFのデフォルトソフトだと、編集が難しいですね。

そんな時に役立つのが、今回ご紹介する「Wondershare PDFelement」です!

PDFって編集ソフトあるんやね。

シロ
これがあると非常に便利なんですな。

ということで、今回は「【PDFelement レビュー】評判や使い方 価格も 」について書いていきたいと思います。

PDFelement」の機能や概要

Wondershare PDFelement」は、主要機能が揃っている一方、使いやすいインターフェースが特徴の、PDF編集ソフトです。

それでは、本アイテムの機能や概要を見ていきましょう。

Wondershare PDFelement」の主な機能は以下になります。

  • 注釈やコメント挿入
  • テキストボックス・写真挿入
  • ハイライト
  • PDFへの変換や、PDF同士の結合
  • PDFの圧縮
  • PDFをWordやPPT他へ変換出力
  • サイン・電子署名
  • パスワード・アクセス制限
  • 墨消し
  • 背景・透かし追加
  • ハイパーリンク追加
  • OCR

使ってみて先ず驚くのが、「直接編集機能」です。

PDF上のテキスト他を選択でき、それをそのまま編集できるのですね。これは便利です!

PDFがWordやパワポみたいに編集できるということですな。

テキスト他の直接編集機能

例えば契約書等で、見られたくない情報がある時、「墨消し」も便利ですよね。

墨消し機能

目立たせたい部分の「ハイライト」や、「注釈・コメントを挿入」できるのも便利です。これらの機能は、感覚として、Microsoft Wordにかなり近いですかね。

ハイライト・注釈機能

他にも、昨今普及してきた電子署名や、OCR(光学文字認識)も助かる機能ですよ。

機能が盛り沢山ですな。

 

目次に戻る➡︎

PDFelement」の特徴

Wondershare PDFelement」は直感的で使いやすいインターフェースを誇り、必要機能を網羅している、便利なPDF編集ソフトです。

それでは、本ソフトの特徴を見ていきましょう。初めにまとめておくと、以下になります。

  • 使いやすいインターフェース。
  • 豊富な機能。
  • 高いコスパ。

 先ずは「使いやすいインターフェース」です。

Wondershare PDFelement」は、インターフェースが直感的で分かりやすく、非常に使いやすいです。

概ねどの機能も2クリックすれば使えるようになっていて、煩わしくありませんね。

画面左側にてメニューを選び、その操作や子メニューを画面上側で行うイメージですよ

出力機能

続いて「豊富な機能」です。

Wondershare PDFelement」は、PDF編集ツールとして必要な主要機能を網羅しており、豊富な機能を有しています

私個人がよく使う機能としては、ハイライト/コメント挿入、ファイルの圧縮、墨消し、パスワード設定、電子署名等ですかね。

PDFelement公式HPより 電子署名機能

これがしたいと思う機能は、ほぼカバーされていると思いますよ。

更に、iOSアプリもあり、簡単な作業をしたい場合に便利ですね。

最後に「高いコスパ」です。

Wondershare PDFelement」は、機能の網羅性が高い一方、競合と比較しても価格が安く、コスパが良いです。

例えば、Adobe Acrobat Proと比較すると機能はほとんど遜色ない一方、値段は半額以下になっています。

 

目次に戻る➡︎

PDFelement」の価格とプラン

それでは、「Wondershare PDFelement」の価格・プラン(Mac版)を見ていきましょう。

標準版プロ版チーム版
価格/年(年間契約)4,980円6,780円46,400円(5台の場合)
価格(永続ライセンス)5,980円8,980円54,900円(5台の場合)
OCR対応×
PDF圧縮×
電子署名×
他形式への変換xlsx、docx、pptx、画像xlsx、docx、pptx、画像、txt、html、epub、rtxlsx、docx、pptx、画像、txt、html、epub、rt
ハイライト/コメント
テキスト/画像の追加・編集
パスワード設定
複数ライセンス発行××
PDF変換のバッチ処理(複数PDFの一括処理)×
OCRの文字認識・バッチ処理(複数の一括処理)×

※価格は20215月28日時点、予告なく変更する場合がございます。最新の価格は公式ページで確認して下さい。

Wondershare PDFelement」には、大きく「標準・プロ・チーム版」の3つがあります。それぞれの機能の違いは上記の通りです。

PDF圧縮や電子署名等、大事な機能の使用可否があるので、一名ならプロ、複数名/チームならチーム版が良いと思います。

注意が必要なのは、1年間プラン/永続ライセンスですね。

永続の値段は1年より少し高いだけなのですが、永続は「PDFelement」のバージョンがメジャーアップデートされると(例: ver 10.00→ 11.00)、新たにライセンスを買う必要があるようです。

一方、買った時点のバージョンは、永続的に使えます。

メジャーアップデートの頻度が2年に1度なら永続版を買うのがお得でしょうが、頻度は不明なので、常に新しいバージョンを使いたい方は、1年間プランが良いかもしれません。

 

目次に戻る➡︎

PDFelement」の良い点とイマイチな点

次に、「Wondershare PDFelement」を使って感じる良い点とイマイチな点を見ていきましょう。

良い点

  • 使いやすいインターフェース。
  • 豊富な機能。
  • 高いコスパ。
  • モバイルアプリも装備。

イマイチな点

  • オンライン版が無い。

Wondershare PDFelement」は、使いやすいインターフェースと豊富な機能を誇る、便利でコスパが高いPDF編集ソフトです。

インターフェースの使いやすさや豊富な機能、高いコスパは上述した通りで、良いです。

一方、敢えて付け加えると、オンライン版があれば有難いなと思いますね。つまり、ダウンロードの必要なく、ブラウザ上のWebページでログインすれば使えるということです。

こちらは今後の改善点として期待したいと思います。

 

目次に戻る➡︎

PDFelement」と競合ソフトの比較

続いて、「Wondershare PDFelement」と競合ソフトを比較していきたいと思います。

Wondershare PDFelement ProAdobe Acrobat Pro DCいきなりPDF Ver8 Complete
価格/年(年間契約)6,780円18,960円×
価格(永続ライセンス)8,980円×8,900円
対応OSWindows/MacWindows/MacWindowsのみ
PDFの直接編集
PDFの圧縮
電子署名
墨消し
2つのPDFを比較×
対応ファイル形式xls/xlsx/dpc/docx/ppt/pptx/画像/png/txt/htmlxls/xlsx/dpc/docx/ppt/pptx/画像/html/eps/psd他xls/xlsx/doc/docx/ppt/pptx/txt/画像
出力ファイル形式xlsx/docx/pptx/画像/txt/html/epub/rtfxlsx/doc/docx/pptx/画像/txt/html/AutoCAD/eps/psd他xls/xlsx/doc/docx/ppt/pptx/txt/画像/csv
PDF変換のバッチ処理(複数PDFの一括処理)
モバイルアプリ〇 (iOS)〇 (iOS+Android)〇 (Android)
OCR

※価格は20215月28日時点、予告なく変更する場合がございます。最新の価格は公式ページで確認して下さい。

競合製品として先ず挙がるのが、PDFを開発したAdobeのAcrobat Pro DCです。

2つのPDFファイル比較や、対応・出力ファイル形式にPhotoshopのeps/psd等が含まれている他、正直機能では「Wondershare PDFelement」を凌ぎますね。

が、値段が高い。買取式がなく、毎年のサブスクで18,960円はなかなかの値段ですよね。

もう一つの競合として、ソースネクストのいきなりPDFが挙げられます。

 こちらは逆に、値段が「Wondershare PDFelement」より若干安く、機能もPDFelementに遜色ありません。

が、Macに対応していないのですね。

従って、コスパ高のMac対応PDF編集ソフトをお求めの場合は、「Wondershare PDFelement」がおすすめになります。

 

目次に戻る➡︎

PDFelement」レビューまとめ

ということで、今回は「【PDFelement レビュー】評判や使い方 価格も 」について書いてきました。

Wondershare PDFelement」は、使いやすいインターフェースと豊富な機能を有する、便利なPDF編集ソフトです。

競合と比較して値段が安く必要機能を網羅していますよ。

特にMac対応で、コスパが高いPDF編集ソフトをお求めの方には、強くおすすめしたい一品ですね。

「Wondershare PDFelement」の評価
デザイン/UX
(4.0)
使いやすさ
(4.5)
機能の豊富さ
(4.5)
動作スピード
(4.0)
価格
(4.5)
総合評価
(4.5)

 

目次に戻る➡︎

 

関連記事です。

 

Macbook Airと合わせて買うと良いアイテムは、こちらをどうぞ。Macbook Airと一緒に買うアクセサリー 周辺機器

【2021年】Macbook Air と一緒に買うもの アクセサリ 周辺機器【Macbook Proも】【最初に】

 

これまで使ってきたアイテムの中で、特におすすめをまとめています。▶買ってよかったおすすめガジェット【2021年】

おすすめ・便利 買ってよかった ガジェット 【2021年】

 

Mac用のクリーナーツールであるClean My Mac Xのレビューはこちらです。おすすめですよ。▶【CleanMyMac レビュー】おすすめのMacクリーナー【評価や評判】

【CleanMyMac X レビュー】評判/評価 おすすめのMacクリーナー【クリーンマイマック】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA