iPhone12/Proのおすすめアクセサリー/ケース【2020年】

この記事で分かること

  • iPhone12/Proのおすすめアクセサリーはないか?
  • 実際に使った感想・レビューを教えてほしい。

 

今回は、こうした疑問や要望に答えていきたいと思います。

 

iPhone12/Proが販売されました。

全体的に質が高く気に入っているモデルなのですが、特徴の一つはMagSafe対応ですね。

これによって、新たなアクセサリーやケースが出てきています。

今回は、それらを含むiPhone12/Proのアクセサリー/ケースを紹介していきたいと思います。

iPhone使い始めてかなり経ちますな〜。

シロ
軽く10年は超えますな。

ということで、今回は「iPhone12/Proのおすすめアクセサリー/ケース【2020年】 」について書いていきたいと思います。

iPhone12/Proのおすすめアクセサリー/ケース

iPhone12 純正シリコンケース

先ずは、「iPhone 12 純正 シリコンケース」です。

MagSafeにも対応した、Apple純正のシリコンケースですね。

iPhone 12 純正 シリコンケース」の表面はマットな感じに仕上がっており、光沢感やツルツルした感じはありません。

裏地部分は、マイクロファイバーを使ってフワフワ仕上がっていて、衝撃にも耐えます

Apple純正品らしく、裏面にはAppleのロゴがしっかり入っていますね。

続いて、「iPhone 12 純正 シリコンケース」の特徴を見ていきましょう。初めにまとめておくと、以下になります。

  • 優れた質感と触り心地の良さ。
  • Magsafe対応。
  • 薄い仕上がり。

先ず、「優れた質感と触り心地の良さ」です。

iPhone 12 純正 シリコンケース」は、質感が優れており、触り心地が滑らかですね。

シリコンケースの良さを生かし、滑りにくい一方で触り心地も良く仕上がっています。

表面が滑らかで、手にしていて快適ですね。

続いて、「Magsafe対応」です。

iPhone 12 純正 シリコンケース」は、Appleの公式ケースなので、Magsafeに対応しています。

Magsafeを使うと、以下のメリットがあります。

  • 出力が7.5Wから15Wに上がり、充電速度が上がる。
  • コイル位置を合わせなくとも、マグネットで正確にくっつき充電される。
  • 作業しながら充電が可能に。

iPhone12を使うのならば、Magsafeの良さは最大限使いたいところ。

なので、ケースもMagsafe対応が好ましいでしょう。

iPhone 12 純正 シリコンケース」の内側を見ると、丸型のマグネットが貼ってあるのが分かります。

iPhone12無しでMagsafe充電器に近づけても、ぴったりくっつきますね。

iPhone 12 純正 シリコンケース」を付けたままでも、iPhone12へ直接充電するのとほぼ同じメリットが受けられるはずです。

Magsafe充電器 【MagSafe 充電器 レビュー】マグセーフ 使い方【iPhone12】

最後に、「薄い仕上がり」です。

iPhoneケースの中には、耐性を謳うあまり分厚くなり、元のiPhoneよりもかなり大きくなるものがあります。

そんな中、「iPhone 12 純正 シリコンケース」は、非常に薄く仕上がっており、持ち運びに支障がありませんね。

ポケットやバッグに入れるのにも便利です。

一方、耐性についても、Appleが何千時間もテストを実施しているので、安心ですよ。

ということで、iPhone 12 純正 シリコンケースは、MagSafeに対応した質感や触り心地が良い、Appleの純正ケースです。

全体的に質が高く、使っていて不満がないアイテムですね。

iPhone12を購入された方は、一緒に買うことを検討してみて下さい。

 

「iPhone12/Pro 純正 シリコンケース」の評価
デザイン
(4.0)
質感/触り心地
(4.5)
薄さ
(4.0)
Magsafe対応
(5.0)
価格
(3.5)
総合評価
(4.0)
 

 

 

 

詳細記事はこちらです。 iPhone12 シリコーンケース 【iPhone12 シリコンケース レビュー】Apple/アップルの純正ケース 【MagSafe対応】  

 

iPhone12 純正レザーケース

次に、「iPhone12 レザーケース」です。

MagSafe対応の、iPhone12の純正レザーケースです。

iPhone12 レザーケース」は、重さが「25g」です。

iPhone 12 純正 シリコンケース」は29gなので、それより少し軽いのですね。

特筆すべきは、iPhone12の側面に使われているアルミに似た素材が埋め込まれてることです。

ボタンを押す時の「ヒンヤリ」した感覚が再現されているのですね。

裏地は、マイクロファイバーでフワフワした感じに仕上がっていますね。

それでは、本アイテムの機能や特徴を見ていきましょう。初めにまとめておくと、以下になります。

  • しなやかで手に馴染む質感。
  • MagSafe対応。
  • 軽さと薄さ。

先ず、「しなやかで手に馴染む質感」です。

iPhone12 レザーケース」は、特殊ななめし加工と仕上げがされたレザーを使っており、とても滑らかな触り心地です。

他のレザー製品と同様、使っていくうちに手に馴染み、独特に味が出てくるのです。

使い始めた時はツルツルして滑りやすかったのですが、使っていくうちにちょうど良い感じになってきましたよ。

続いて、「MagSafe対応」です。

iPhone12 レザーケース」は、Apple純正のアイテムでMagSafeに対応しています。

iPhone12を入れない状態でも、ピタっとMagSafe充電器がつきますね。

iPhone12の長所の一つは、MagSafeを使ってより早く充電できたり、アクセサリーを使えることです。

それが出来るのは有難いポイントですよ。

Magsafe充電器 【MagSafe 充電器 レビュー】マグセーフ 使い方【iPhone12】

レザーウォレットは色も同じですね。もちろん、こちらもマグネットでバチっとくっつきます。

【iPhone12 レザーウォレット レビュー】MagSafe 使い方【何枚入るか】

最後に、「軽さと薄さ」です。

iPhone12 レザーケース」は、非常に軽く且つ薄いケースです。

スマホケースの中には、耐性さを上げることを重視して、厚みが増して重いものが少なくありません。

その点、iPhone12 レザーケースは軽さと薄さが実現されていて、特に持ち運びに便利ですね。

分厚いとポケットに入らないのですな。

 

左が純正シリコンケース、右がレザーケース

ということで、「iPhone12 レザーケース」は、しなやかで手に馴染む質感が抜群な、MagSafe対応の純正レザーケースです。

使うほど手に馴染んでくるのが良いですね。レザー製品が好みの方には、強くおすすめしたい一品になっていますよ。

 

「iPhone12 レザーケース」の評価
デザイン
(4.5)
質感/触り心地
(5.0)
薄さ
(4.5)
MagSafe対応
(5.0)
価格
(3.5)
総合評価
(4.5)

 

 

詳しいレビューはこちらをどうぞ。 【iPhone12 レザーケース レビュー】MagSafe対応のApple純正ケース

 

MagSafe対応iPhoneレザーウォレット

続いて、「iPhone レザーウォレット」です。

こちらもMagSafeに対応した、iPhone12の裏側に付けるカードケースですね。

iPhone レザーウォレット」のサイズは、「縦9.5cm×横6.4cm×厚み0.7cm」です。

重さは「33g」です。 iPhone レザーウォレット」自体は軽いですよ。

少し厚みがあり、中にはクレジットカードや運転免許証などのカードが入ります。 中に入るのは「カード2枚です。

カードを抜き取る時は、裏面にある穴から親指を使って出します。

デザインは、全体的に丸み帯びています。 iPhone12は直線的なデザインですが、「iPhone レザーウォレット」はその逆ですね。

次に、「iPhone レザーウォレット」の特徴を見ていきましょう。初めにまとめておくと、以下になります。

  • MagSafe対応。
  • 上品で滑らかな質感・触り心地。
  • 磁気シールド機能。

先ずは、「MagSafe対応」です。

iPhone12の裏側に、強力なマグネットでピタリとくっつきます

逆さにしても「iPhone レザーウォレット」や中のカードは落ちません。

それはカードを一枚にしても同じですね。

iPhone レザーウォレット」の下側にマグネットが入っていて、カードがそこに吸い付いている感じがします。

逆さにして強く振ってみても、落ちませんでしたよ。

要は、レザーウォレットもカードも落ちにくいってことですな。

一つ注意したいのは、充電です。

iPhone レザーウォレット」をつけた状態で、Magsafe充電器を使っても、充電はできません

つまり、Magsafeやワイヤレスでの充電時やカードを抜き取る時は、「iPhone レザーウォレット」をiPhone12から外す必要があるのですね。

続いて、「上品で滑らかな質感・触り心地」です。

iPhone レザーウォレット」は、ヨーロピアンレザーが使われており、特殊ななめし加工が施されています

そのため、表面の触り心地が抜群で、質感も滑らかです。

高級感があり、上品な見た目ですね。

最後に、「磁気シールド機能」です。

iPhone レザーウォレット」は、MagSafe対応のため、マグネット近くにクレジットカード等を収納します。

クレジットカードやホテルのカード等は、磁気で使えなくなることもありますよね。

そこで、「iPhone レザーウォレット」は、中身のカードを保護する磁気シールド機能が施されています

このおかげで、磁気を気にすることなく様々な種類のカードを中に収納することができるのですね。

ということで、「iPhone レザーウォレット」は、MagSafe対応でiPhone12/Proの裏面にピタリとくっつく、身分証やクレジットカードをいれるカードケースです。

そのままMagSafe充電が出来ないことや、カードの収納枚数が2枚とやや少ない点は留意が必要です。

逆に、普段2枚しかカードを持ち歩かない方や、財布とiPhoneにカードを分散したい方は、購入を検討してみると良いでしょう。  

 

「iPhone レザーウォレット」の評価
デザイン
(4.5)
質感・触り心地
(4.5)
機能
(3.5)
価格
(3.5)
総合評価
(3.5)
 

 

 

 

詳細記事はこちらをどうぞ。 【iPhone12 レザーウォレット レビュー】MagSafe 使い方【何枚入るか】  

 

AirPods Pro

続いて、「Airpods Pro」です。

まだお持ちでない方は、iPhone12と合わせて買うと良いでしょう。iPhoneとの相性含め、素晴らしいイヤホンです。

Airpods Pro」のサイズは、「2.1cm×2.4cm×3.0cm」です。

大き過ぎず小さ過ぎず、耳に付けるのにちょうど良い大きさですね。

重さは、両方のイヤホンで「11g」です。 他イヤホンより、少し軽いと思います。

 驚いたのは、充電チャージャーです。めちゃ小さく、軽いですね

例えば、これまで私が愛用していた「RHA TrueConnect」と比べても、かなり小さいです。

重さもイヤホン含めて「56g」で、軽いですよ。これなら持ち運びに便利ですね。

続いて、「Airpods Pro」の機能や特徴を見ていきましょう。初めにまとめておくと、以下になります。

  • 優れたノイズキャンセリング機能。
  • Apple製品との抜群の連携。
  • イヤホン上での便利な操作性。
  • 耐汗耐水機能。
  • Appleらしい秀逸なデザイン。

 

先ず、「優れたノイズキャンセリング機能」です。

Airpods Pro」は非常にコンパクトなアイテムですが、優れたノイズキャンセリング機能も組み込まれています

周りの雑音を消すには十分なノイズキャンセリングで、集中したい時はもちろん、通話やビデオ会議の際にも使えますね。

音自体は、Boseのように低音ビートが効くわけではありませんが、十分クリアで良い音質です。

次に、「Apple製品との抜群の連携」です。

Airpods Pro」は、iPhone12/Proを始めApple製品との連携が抜群です。

特にiPhone12/Pro等iPhoneとの連携は、めちゃくちゃ簡単で便利ですね。

Airpods Pro」をiPhoneに近づけると、以下が出てきて「接続」を押すだけで設定終了です。

一度Bluetooth接続されれば、以後は「Airpods Pro」を耳に付けるだけで勝手にiPhoneへ接続されます。

めちゃくちゃ便利で、接続が良いですね。

続いて、「イヤホン上での便利な操作性」です。

Airpods Pro」は、イヤホン上のボタンによる操作性が優れています

軸部分のくぼみが感圧センサーになっているのですね。 以下の操作が可能になっています。

  • 長押し:ノイズキャンセリングと外部音取り込みモードの切り替え。
  • 1回押し:オーディオの再生と一時停止。
  • 2回押し:次の曲・コンテンツに進む。
  • 3回押し:前の曲・コンテンツに戻る。

分かりやすいですし、非常に便利ですね。

次に、「耐汗耐水機能」です。

Airpods Pro」は、IPX4等級の防水機能を誇ります。

IPX4等級とは、「あらゆる方向から水の飛沫を受けても有害な影響は受けない」レベルです。

つまり、直接水をかけるのはまずいが、例えば雨の中で運動をしたり汗であれば問題ない程度ですね。

これであれば、筋トレやランニングにも使えます。

最後に、「Appleらしい秀逸なデザイン」です。

Airpods Pro」は、Apple製品らしくデザインが秀逸で、美しいですね。

充電チャージャーとイヤホンは、適度に丸み帯びて滑らかで、美しいです。

バランスも良くコンパクトで、無駄が削ぎ落とされています。

ということで、「Airpods Pro」は、優れたノイズキャンセリング機能に加えて、iPhoneを初めとするApple製品との連携が抜群に便利なワイヤレスイヤホンです。

優れた点が沢山あるアイテムで、まだお持ちでない方は、iPhone12と合わせて買うことをおすすめしますよ。

 

「Airpods Pro」の評価
デザイン
(4.5)
コンパクトさ
(4.5)
音質
(4.0)
ノイキャン機能
(4.0)
iPhoneとの連携・接続
(5.0)
イヤホンでの操作性
(5.0)
防水性
(4.0)
価格
(3.5)
総合評価
(4.5)
 

 

 

 

詳しいレビュー記事はこちらをどうぞ。 【AirPods Pro レビュー】音質やつけ心地/付け心地【2020年】  

 

MagSafe充電器

次に、「MagSafe充電器」です。

Apple純正の、MagSafe用充電器ですね。

充電パッドはコンパクトなサイズで、直径で「5cm」ほどです。

厚みは「5mm」で、薄いですね。

ケーブルの長さは「1m」程度で、長くもなく短くもなくです。

重さは「53g」です。軽いですよ。

MagSafe充電器」の差込口は「USB-C」型を採用。Macbookなどに差し込んで充電が可能ですね。

続いて、「MagSafe充電器」の特徴を見ていきましょう。初めにまとめておくと、以下になります。

  • 最大15Wの高い出力。
  • 力強いマグネット。
  • 薄さとコンパクトさ。

先ず、「最大15Wの高い出力」です。

iPhoneの充電は、これまで基本的に最大7.5Wでした。

これが、iPhone12を「MagSafe充電器」で充電すると、「最大15W」に2倍増加しました。

出力が大きくなると充電速度が早まるので、かなり助かりますよね。

続いて、「力強いマグネット」です。

MagSafe充電器」をiPhone12に近づけると、強力なマグネットでバチンとくっつきます

マグネットを使って正確にコイルの位置にくっつくことが、高い出力を実現している理由の一つでもあります。

ちなみに、空中にぶら下げても落ちないほど、磁力は強いですよ。

最後に、「薄さとコンパクトさ」です。

MagSafe充電器」は、これまでの他ワイヤレス充電器よりもかなりコンパクトにまとまっています

例えば、「Anker PowerWave 10 Pad」と比較すると、そのコンパクトさや薄さが際立ちますね。

持ち運びにもちろん、テーブルの上でスペースを取らないので、これは有難いポイントでしょう。

ということで、「MagSafe充電器」は、最大15Wの高い出力と強力なマグネットが光る、Apple純正のMagsafe対応充電器です。

Apple/12/Pro以外のユーザーにはメリットがほぼない一方、Apple12/Proユーザーの方であれば、Magsafeの早い充電スピードを使うためにも、買うと良いアイテムと思いますね。  

 

「Magsafe充電器」の評価
デザイン
(4.0)
コンパクトさ
(4.5)
マグネットの強さ
(4.5)
価格
(3.0)
総合評価
(3.5)
 

 

 

 

詳しい記事は、こちらをどうぞ。 Magsafe充電器 【MagSafe 充電器 レビュー】マグセーフ 使い方【iPhone12】  

 

Anker PowerCore Slim 10000 PD

続いて、「Anker(アンカー) PowerCore Slim 10000 PDです。

薄さが特徴の大容量モバイルバッテリーですね。

Anker(アンカー) PowerCore Slim 10000 PD」のサイズは「14.9cm×6.8cm×1.4cm(横×縦×厚み)」です。

薄型で横に幅広いですね。

重さは「207g」あります。 軽くもなく、重くもなくでしょう。

表面部分は少しざらざらしたマット加工がされている一方、裏側と側面はツルツルしています。

表部分には、アンカーのロゴに加え、丸いボタンが付いています。

これを押すと、円の周りについている青いLEDライトが点灯し、電池の残高が表示される仕組みですね。

それでは、「Anker(アンカー) PowerCore Slim 10000 PD」の特徴を見ていきましょう。

最初にまとめておくと、以下になります。

  • 大容量。
  • 出力の高さ。
  • 収納や持ち運びに便利な薄さ。

先ずは、その「大容量」です。

Anker(アンカー) PowerCore Slim 10000 PD」の容量は10,000mAhあり、目安としてiPhone11Proであれば二回以上、iPad miniへは一回以上充電が可能です。

外出先などでスマホを充電するには、十分な容量ですね。

次に、「出力の高さ」ですね。

Anker(アンカー) PowerCore Slim 10000 PD」にはPDとUSB-Aの2つの出力があり、PDなら18W、USB-Aなら12Wの出力があります。

こちらは、どれくらいの電力を充電先のスマホ等に流せるのか、ということですね。

数値が高いほど、早く充電が完了するわけです。

最後に、「収納・持ち運びに便利な薄さ」ですね。

Anker(アンカー) PowerCore Slim 10000 PD」の厚みは、わずか「1.4cm」です。

1.4cmの厚みは、同様の容量を誇るモバイルバッテリーの中では、かなり薄い方でしょう。

iPhone12より少し厚い程度の薄さなので、持ち運びにも便利ですよね。

少し厚いだけで、かさばって持ち運ぶの面倒になるからね。

シロ
そう、厚さは大事ですな。Macbookなんかひたすら薄くアップデートしてるからね。

ということで、「Anker(アンカー) PowerCore Slim 10000 PD」は、その薄さが便利な、10,000mAhを誇る大容量モバイルバッテリーです。

iPhone12のバッテリー補充に最適な、持ち運びにも適したバッテリーです。

まだ良いモバイルバッテリーをお持ちでない方は、検討してみて下さい。

 

「Anker PowerCore Slim 10000 PD」の評価
デザイン
(4.0)
薄さ・コンパクトさ
(4.5)
機能
(4.0)
価格
(4.0)
総合評価
(4.0)
 

 

 

 

詳しい記事はこちらです。 アンカー パワーコア スリム 10000 PD 【Anker PowerCore Slim 10000 PD レビュー】使い方 充電方法

 

iPhone12/Proのおすすめアクセサリー/ケース まとめ

今回は、「iPhone12/Proのおすすめアクセサリー/ケース【2020年】」について書いてきました。

iPhone12/Proをお買いになった方は、これらのアクセサリー/ケースも一緒に買うと便利と思いますよ。是非検討してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA