【SwitchBot 温湿度計 レビュー】アプリやエアコン操作【使い方や設定】

この記事で分かること

  • 部屋の温度や湿度を測れるデバイスはないか?
  • SwitchBotの温湿度計について、感想やレビューが知りたい。

今回は、こうした疑問や要望に答えていきたいと思います。

 

コロナが広まって以来、部屋の中にいることが増えました。部屋で快適に過ごす目安の一つは、温度と湿度ですよね。

そこで、今回はスマホでも確認可能な温湿度計を買ってみました。

それが「SwitchBot 温湿度計」です!

僕が快適に過ごすにも大事な指標ですな。

シロ
もちろん、セブンのためにも買ったのだよ。

ということで、今回は「【SwitchBot 温湿度計 レビュー】アプリやエアコン操作【使い方や設定】」について書いていきたいと思います。

SwitchBot 温湿度計」の見た目やサイズ

SwitchBot 温湿度計」は、アプリでアラーム通知や履歴の確認もできる、便利でコスパが抜群なスマート温湿度計です。

サイズは「縦5.4cm×横5.4cm×厚み2.4cm」です。

手の平に余裕で置けるサイズ感ですね。

重さは「71g」です。

電池も入っているので、軽くはないですが重くもないです。

非常にシンプルな作りで、表側の大半は、温度と湿度を表示するモニターです。

文字は大きめなので、読みやすいですね。

裏側にはボタンと電池の差込口があります。

電池は「単4」を2つ差し込みます。

ひとまず付属のアルカリ電池を使いましたが、再充電・利用が可能なエネループも良いでしょう。

パナソニック エネループ エネループ プロの 違い【エネループ レビュー】 エボルタとの比較【Eneloop Pro】

中央にある丸いボタンは、アプリとの接続に使います。

表面はABS樹脂で出来ていて、ツルツルしていますね。

SwitchBot 温湿度計」は、基本的に壁や冷蔵庫等に貼り付けて使うので、それほど質感は重要でないかもしれません。

SwitchBot 温湿度計」の機能や特徴

SwitchBot 温湿度計」は、スマホでアラーム通知や履歴の確認ができる、便利でコスパが良い温湿度計です。

それでは、本アイテムの機能や特徴を見ていきましょう。初めにまとめておくと、以下になります。

  • 高精度のセンサー。
  • コスパの高さ。
  • 専用アプリからアラーム通知の受信。
  • メモリ機能と予測。

先ず「高精度のセンサー」です。

SwitchBot 温湿度計」は、スイス製の高精度なセンサーを搭載しており、より正確に温度と湿度を計測できます。

4秒毎にデータを更新していくので、常に最新のデータを認知することが可能です。

温度や湿度の精度は以下の通りです。誤差の範囲が十分小さいですよね。

  • 温度精度(0度~65度):±0.2度。
  • 温度精度(65度~80度):±0.3度。
  • 湿度精度(25度、10%~90%RH):±2%。

続いて「コスパの高さ」です。

SwitchBot 温湿度計」は、コスパがめちゃくちゃ良いです。

必要な機能は網羅的に搭載されている一方で、値段がかなり安いですね。

お得感があります。

次に「専用アプリからアラーム通知の受信」です。

SwitchBot 温湿度計」には、専用アプリがあります。

SwitchBotの他製品でも共通して使えるものですね。

この専用アプリから設定すれば、温湿度で異常があった時等にアラーム通知を受信できます

基本的に120メートル以内でのBluetooth接続のみで可能なのですが、「SwitchBot ハブミニ」や「SwitchBotハブプラス」を買えば、どこでも可能になるのですね。

私は「SwitchBot ハブミニ」も購入して、接続しましたよ。

最後に「メモリ機能と予測」です。

SwitchBot 温湿度計」は、Bluetooth経由の場合は36日間、ハブがあれば過去データを永久に保存・確認が可能です。

また、「SwitchBot 温湿度計」は、過去データをおそらく機械学習にかけて、将来の予測も出してくれます。

一つの目安として使うことができるでしょう。

SwitchBot 温湿度計」の良い点とイマイチな点

続いて、「SwitchBot 温湿度計」をしばらく使って感じる、良い点とイマイチな点を見ていきましょう。

良い点

  • コスパが抜群。
  • モニターの文字が大きくて見やすい。
  • アラーム通知やメモリ機能が便利。
  • ハブと連携して、温湿度に応じてエアコンのOn/Offが可能に。

イマイチな点

  • 特になし。

SwitchBot 温湿度計」は、アラーム通知やメモリ機能、更にハブとの連携でエアコンのOn/Offが設定可能な、コスパが抜群のスマート温湿度計です。

必要十分な機能が揃っている一方で値段が非常に安いので、コスパが抜群です。満足できるアイテムですね。

特に不満はありませんよ。

SwitchBot 温湿度計」と競合製品の比較

次に、「SwitchBot 温湿度計」と競合製品を比較してみましょう。

SwitchBot 温湿度計タニタ 温湿度計Inkbird 温湿時計
値段1,980円3,645円3,399円
Amazon レビュー 星の数44.54
サイズ(縦×横×厚み)5.4cm×5.4cm×2.4cm11cm×10.7cm×2.6cm5.6cm (直径)×1.9cm (厚み)
専用アプリ×
アプリ連動(エアコン等)××
アラーム通知×
過去データ記憶日数36日7日20日

先ず、「SwitchBot 温湿度計」の値段の安さが光りますね。

タニタはグラフ付きで表示されますが、アプリは無く、アラーム通知も出来ません。

一方、Inkbirdはスペックが高そうですね。しかし、SwitchBotのように、ハブを通してエアコンや除湿器と連動は不可ですね。

スペックを取るのであればInkbird、値段の安さとエアコン等との連動を取るなら「SwitchBot 温湿度計」がおすすめと言えそうです。

SwitchBot 温湿度計」レビューのまとめ

今回は、「【SwitchBot 温湿度計 レビュー】アプリやエアコン操作【使い方や設定】」について書いてきました。

SwitchBot 温湿度計」は、抜群のコスパを誇る、ハブとの連携でより便利になるスマート温湿度計です。

アラーム通知やメモリ機能など、必要十分な機能が備わっている一方、値段がかなり安いですね。

家庭に子供やペットがいる、又はワインや観葉植物を管理する上で、一つ持っておいて損はないアイテムと思います。是非試してみて下さい。

「SwitchBot 温湿度計」の評価
デザイン
(4.0)
機能
(4.0)
総合評価
(4.5)

 

関連記事です。

 

スマートホーム/家電のおすすめアイテムをこちらでまとめております。

スマートホーム/家電のおすすめ IoT ガジェット【2020年】

 

これまで使ってきた中で、特におすすめのアイテム・ガジェットはこちらをご覧下さい。

【2020年】買って良かった 便利なおすすめガジェット 買ってよかった おすすめ・便利 ガジェット 【2020年】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA