【MX Anywhere 3 レビュー】Mac用 違い/比較 【2S】【for mac】

この記事で分かること

  • Mac用に良い、持ち運びにもおすすめのマウスはあるか?
  • Logicool MX Anywhere 3 (Mac用)の感想、レビューが知りたい。

今回は、こうした疑問や要望の答えていきたいと思います。

 

私はこれまで、3つのロジクール製マウスを使ってきました。

そして今回、ロジクールから新しいマウスが販売されたので、早速買うことに。

それが、こちらの「Logicool MX Anywhere 3 (Mac用)」です。

マウスはロジクール製に限りますな~。

シロ
ホイールやトラック技術が唯一無二ですな。

ということで、今回は「【MX Anywhere 3 レビュー】Mac用 違い/比較 【2S】【for mac】」について書いていきたいと思います。

MX Anywhere 3」の見た目とサイズ

Logicool MX Anywhere 3 (Mac用)」は、持ち運びに最適なコンパクトなサイズや高い技術、そしてスタイリッシュなデザインが光る、ロジクール製マウスです。

サイズは「縦10cm×横6.5cm×高さ3.4cm」です。

かなりコンパクトですね。

MX Master 3MX Ergoと比べても、圧倒的に小さいです。

重さは「95g」です。

これもめちゃ軽いですね。

持ち運びにも全く困りません。

見た目は良い感じに丸み帯びていて、滑らかなデザインです。

両側面には、シリコン製素材が使われていて、グリップが効きつつも、触り心地が非常に良いです。

先端には、充電用に「USB-C」の差込口が付いています。

裏側を見ると、左側には電源スイッチのボタン。

中央下には、パソコン本体との接続ボタンが3つ付いています。

同時に、3つのパソコンへ接続可能なのですね。

Logicool MX Anywhere 3 (Mac用)」の色は、「ペイルグレー」の一択ですね。

Macのカラーによく合うチョイスと思います。

目次に戻る➡︎

MX Anywhere 3」の機能や特徴

Logicool MX Anywhere 3 (Mac用)」は、圧倒的なコンパクトさに高い技術力、そして滑らかなデザインが特徴の、Logicool製マウスです。

それでは、本アイテムの特徴を見ていきましょう。初めにまとめておくと、以下になります。

  • Magspeed電磁気スクロールホイール。
  • 高いトラッキング技術。
  • 圧倒的なコンパクトさ。
  • 優れた充電機能。
  • カスタマイズ性。

先ずは「Magspeed電磁気スクロールホイール」です。

Logicool MX Anywhere 3 (Mac用)」は、1ピクセル毎に停止できる上、1秒に1,000行のスクロールが可能な、精確且つ高速なスクロールを備えています。

これは、MX Master 3と同じホイールで、素晴らしい質ですね。

加えて、スクロールしても非常に静かです。

おそらく、現存する最高峰のホイールでしょう。

次に「高いトラッキング技術」です。

Logicool MX Anywhere 3 (Mac用)」は、4000DPIセンサーを使い、ガラス面でもトラッキングが可能です。

外出先のカフェやテーブルはもちろん、ソファの上でもトラッキングできるのですね。

続いて「圧倒的なコンパクトさ」です。

Logicool MX Anywhere 3 (Mac用)」は、ボディのコンパクトさと軽さは群を抜いていますね。

とにかく、持ち運びにはもってこいです。

ちなみに、接続はBluetoothのみで、簡単に設定できて途切れにくいです。

USB Unifyingレシーバーも不要なので、持ち運びには助かりますね。

他のガジェットと合わせて、持ち運びにはこちらのポーチも良いですよ。

おすすめのガジェット ポーチ【Tomtoc 薄型ポーチ レビュー】

そして「優れた充電機能」です。

Logicool MX Anywhere 3 (Mac用)」は、USB-Cを使って、素早く効率的に充電が可能です。

具体的には、1回のフル充電で70日、わずか1分の充電でも3時間使用できます。

かなり効率的に充電が可能ですよね。

最後に「カスタマイズ性」です。

Logicool MX Anywhere 3 (Mac用)」は、デフォルトで必要なボタンが全て付いています。

ラチェットとフリースピンモードを、中央のボタンで簡単に切り替えられるのは助かりますね。

加えて、Logi Optionというアプリをダウンロードし設定すれば、ボタンや動作を自分の好みにカスタマイズができます。

Logicool HPより

中央ボタンをジェスチャーボタンに割り当てるのがおすすめです。

ボタンを押しながらマウスを左右に振れば、画面切り替えができるのですね。

目次に戻る➡︎

MX Anywhere 3」の良い点とイマイチな点

それでは、「Logicool MX Anywhere 3 (Mac用)」をしばらく使って感じる、良い点とイマイチな点を見ていきたいと思います。

良い点

  • 圧倒的にコンパクトで軽く、持ち運びやすい。
  • Bluetooth接続が途切れない。
  • オシャレで滑らかなデザイン。
  • ホイールのアップグレード。
  • どこでも反応するトラッキング技術。
  • Mac製品と抜群に合う色。

イマイチな点

  • コンパクトな一方、長く使うと疲れる。

Logicool MX Anywhere 3 (Mac用)」は、圧倒的なコンパクトさと高い技術を誇る、デザイン性にも優れたLogicoolのマウスです。

ホイールやトラッキング技術の高さに加えて、持ち運びにバッチリのマウスですね。

デザインや触り心地も非常に良いです。

一方、ボディが小さいので、長時間使うのには不向きです。手首などが疲れてきますね。

従って、外出・出張先用のマウスとして使うのが良いと思います。その意味では、不足なしですね。

目次に戻る➡︎

MX Anywhere 3」と他モデルの比較

続いて、「Logicool MX Anywhere 3 (Mac用)」と前モデルを含む、他ロジクール製マウスを比較していこうと思います。

Logicool Anywhere 3 (Mac用)Logicool Anywhere 2Sロジクール MX Master 3
価格9,800円6,636円13,500円
Amazon レビュー 星の数54.54.5
サイズ(縦×横×高さ)10cm×6.5cm×3.4cm10cm×6.1cm×3.4cm12.4cm×8.4cm×5.1cm
重さ95g105g142g
スクロールMagSpeed+Smartshift超高速MagSpeed+Smartshift
接続性BluetoothBluetooth/USB UnifyingBluetooth/USB Unifying
互換性macOS/iPadOSWindows/macOSWindows/macOS
充電USB-C C/70日USB-Micro/70日USB-C-A/70日
Flowコントロール最大3最大3最大3

Logicool MX Anywhere 3 (Mac用)」と他ロジクール製マウスを比較してみました。

旧モデルのAnywhere 2Sと比較すると、スクロール・充電・重さ/サイズで改善が見られます。さらに優れたモデルになっていますね。

MX Master3は全体のバランスが秀逸なマウスですが、やはり持ち運びには不向きでしょう。

外出・出張先へ持ち運び使うのならば、「Logicool MX Anywhere 3 (Mac用)」がおすすめですね。

目次に戻る➡︎

MX Anywhere 3」レビューのまとめ

今回は、「【MX Anywhere 3 レビュー】Mac用 違い/比較 【2S】【for mac】」について書いてきました。

Logicool MX Anywhere 3 (Mac用)」は、圧倒的なコンパクトさと高い技術力、そして滑らかなデザインが秀逸な、持ち運びに適したマウスです。

外出・出張先で使える、持ち運びやすいマウスをお探しの方には、強くおすすめしたい一品ですね。

「Logicool MX Anywhere 3」の評価
デザイン
(4.5)
操作性
(4.5)
ホイール
(5.0)
持ち運びやすさ
(5.0)
手首への負担
(3.0)
価格
(3.5)
総合評価
(4.5)

目次に戻る➡︎

 

関連記事です。

 

Macbook Air/Proと合わせて買うと良いアイテム・ガジェットは、こちらをどうぞ。Macbook Airと一緒に買うアクセサリー 周辺機器

【2021年】Macbook Air と一緒に買うもの アクセサリ 周辺機器【Macbook Proも】【最初に】

 

これまで使ってきた中で、特におすすめのアイテムをこちらでまとめています。▶買ってよかったおすすめガジェット【2021年】

おすすめ・便利 買ってよかった ガジェット 【2021年】

 

リモート/在宅ワークにおすすめのアイテムを、こちらでまとめております。テレワーク/在宅勤務のおすすめガジェット

テレワーク/在宅勤務のおすすめ ガジェット【在宅ワーク/リモートワーク】【Bose】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA