【Anker PowerConf スピーカーフォン レビュー】iPhoneで電話会議におすすめ

Anker PowerConf スピーカーフォン

コロナショックでリモートワークが普及し始めました。

現場で働くことが必要な職種も少なくありませんが、一方でリモートでも十分回る職種もあります。

ミーティングはその一つで、例えばアジェンダが決まったことを話す場合、対面で会う必要もなかったりしますね。

今回は、iPhone等と簡単に接続し、耳にイヤホンやヘッドホンをつけることなく、電話会議やビデオ会議で使えるスピーカーフォンをご紹介したいと思います。

それが、こちらの「Anker PowerConf スピーカーフォン」です。

スピーカーフォンと言えば、ポリコムのイメージがあるな~

シロ
今回は、USBハブとかイヤホン出してるAnker製だね。

ということで、今回は「【Anker PowerConf スピーカーフォン レビュー】iPhoneで電話会議におすすめ」について書いていきます!

「Anker PowerConf スピーカーフォン」の見た目とサイズ

Anker PowerConf スピーカーフォン」は、自宅での電話会議やビデオ会議に便利な、iPhoneとBluetoothで簡単に接続できるスピーカーフォンです。

サイズは、「縦12.4cm、横12.4cm、厚みが2.8cm」あります。

片手で持ち運べるサイズ感です。思ってたよりコンパクトですね。

重さは「342g」です。これも思ってたよりも軽かったです。

もう少しずっしりしてるのかと思ったのですが、片手で持ち運ぶのに全く問題ありません。

表の側面には、電源とBluetooth用の接続ボタンがあります。シンプルですね。

側面の裏側には、以下が付いています。

  • USB-C:電源チャージ用
  • イヤホンジャック:有線イヤホンを使いたい場合
  • USB-A:パソコンとの接続オプション

更に、上の表面には、電話接続、音量調整、ミュート等が付いています。

必要最小限のボタンに絞られていて、煩わしくないですね。

下の裏側には、ゴム製の滑り止めが付いているので、「Anker PowerConf スピーカーフォン」が滑って動くみたいな事態は起こりにくいですね。

持ち運び用に専用のトラベルポーチも付いております。こういう専用ポーチって、実は結構役立つんですよね。

「Anker PowerConf スピーカーフォン」の機能と特徴

Anker PowerConf スピーカーフォン」は、自宅でイヤホンやヘッドホン無しでビデオ会議等をするのに便利な、スピーカーフォンです。

それでは、その機能や特徴を見ていきましょう。

先ずは、「優れた音声処理能力」です。

例えばスマホやパソコンに向かって話すと、相手側ではノイズが入ることってあると思います。

Anker PowerConf スピーカーフォン」は、エコーキャンセリング・残響抑制・ノイズリダクション機能を搭載しているので、相手側によりクリアな音を届けることが可能です。

iPhoneやスマホに直接話すより音質が良いわけです。

次に、「簡単なセッティング」ですね。

面倒な手順はないんです。

先ず、「Anker PowerConf スピーカーフォン」を付属のUSB-Cで繋ぎ、電源をチャージします。

次に、Bluetoothで繋ぎたいiPhoneやスマホ、パソコンに接続したら、それで終わりです。

これなら迷いませんよね。

いつもセットアップでもたつくシロでも、迷いなく出来たと。

シロ
我ながら、非常に珍しいことですなw

続いて、「360度方向マイク」です。

スマホにせよパソコンにせよ、マイクがある側面に付いているので、その逆や離れたとこから話すと、大きさも質も変わるわけです。

が、「Anker PowerConf スピーカーフォン」は、表面全体がマイクになっているので、どの方向から話しても問題ないわけです。

私は1人で使う場合が多いんですが、なんと8人まで使用が可能です。

自宅に限らず、会社でも使えますな。

シロ
ごもっとも!

そして、「大容量バッテリー」です。

容量が6,700mAhのバッテリーを積んでいるので、満タンに充電すると最大24時間も連続使用が可能です。

僕はビデオ会議や電話会議に限らず、普通の電話でも「Anker PowerConf スピーカーフォン」を使うことがあるのですが、まぁ長くて連続2時間ですね。

なので、時々気付いた時に充電する程度で、全く問題ないです。

最後に、「Bluetooth5.0対応」です。

Bluetoothと一言によっても、進化が続いていて、バージョンがあります。

Bluetooth5.0は、非常に接続性に優れていて、切れにくいですね。

私は、メインで使っているワイヤレスイヤホンもBluetooth5.0のものに変えて以来、ほとんど接続が切れた記憶がありません。

「Anker PowerConf スピーカーフォン」の競合製品との比較

それでは、「Anker PowerConf スピーカーフォン」と競合製品と比較していきましょう。

Anker PowerConfemeet m2Jabra 510 MSKaysuda SP200U
値段12,980円20,315円19,250円7,899円
Amazon レビュー 星の数4.54.54.54
サイズ縦12.4cm × 横12.4cm × 厚み2.8cm縦12.5cm × 横12.5cm × 厚み3.5cm縦12cm × 横12cm × 厚み2.5cm縦12.1cm × 横12.1cm × 厚み3.5cm
重さ342g290g184g200g
最大対応人数8人8人4人
Bluetoothバージョン553USB
360度マイク
搭載マイク数641
収音距離5m8-10m1m3m
オーディオ出力3W3W
エコーキャンセリング
ノイズキャンセリング
バッテリー容量6,700mAh2,600mAh
連続稼働時間24時間12時間15時間

Bluetoothの接続性や最大対応人数などを見ると、「Anker PowerConf スピーカーフォン」かeMeetかの選択になりそうですね。

eMeetはノイズ&エコーキャンセリング機能も質が高そうですし、良さそうです。一方、Ankerよりも値段が高くなります。

私は機能的に遜色ない一方、比較すると値段が大分安かったので、「Anker PowerConf スピーカーフォン」を選びました。

Kaysudaは安いのですが、Bluetooth接続がない等、古い感が否めないかもしれませんね。

「Anker PowerConf スピーカーフォン」の良い点とイマイチな点 

続いて、「Anker PowerConf スピーカーフォン」をしばらく使って感じる良い点とイマイチな点を書いてみたいと思います。

良い点

  • 360度マイク
  • 質の高いノイズ&エコーキャンセリング機能
  • 長いバッテリー持続時間
  • iPhoneやスマホに簡単に接続可能
  • Bluetooth5による高い接続性
  • 持ち運びに便利なサイズ・重さ
  • すっきりしたデザイン
  • Ankerらしい、競合と比較してリーズナブルな値段

イマイチな点

  • 厚みは薄いが、表面積はそれなりに広いので、場所を取る。

Anker PowerConf スピーカーフォン」は、ノイズ&エコーキャンセリング等高い機能を誇る一方、リーズナブルな値段で買える、自宅でも使うのに便利なスピーカーフォンです。

上述したように良い点が沢山ある製品と思いますね。

イマイチな点を挙げるとすれば、表面積が広いので場所を取ることでしょうか。立てかけ等を考えようかと思います。

シロのデスクはガジェット多くてスペースあんまないからなw

シロ
また整理整頓しま~す。

「Anker PowerConf スピーカーフォン」のまとめ

今回は、「【Anker PowerConf スピーカーフォン レビュー】iPhoneで電話会議におすすめ」について書いてきました。

Anker PowerConf スピーカーフォン」は、iPhoneやスマホにBluetoothで簡単に接続でき、質の高い機能を備えた、リーズナブルな価格で買えるスピーカーフォンです。

そつが無くバランスが良い製品だと思います。

ヘッドホンやイヤホンで話す以外に、スピーカーフォンを使って話したい、且つスマホやパソコンより質の高いものを使いたいという方には、おすすめしたいですね。

「Anker PowerConf スピーカーフォン」の評価
見た目・デザイン
(4.0)
質感・触り心地
(4.0)
機能
(4.5)
価格
(4.0)
総合評価
(4.5)

 

関連記事です。

 

こちら、リモートワーク・テレワークにあると便利なアイテムをまとめて紹介しております。

テレワーク・在宅ワークのおすすめガジェット テレワークや在宅ワークのおすすめガジェット

 

こちら私が現在使っているイヤホンです。同じくBluetooth5を搭載していて、接続性が良いですね。音質もばっちりです。

RHA TrueConnect 【RHA TrueConnect レビュー】コンパクトなタッチ式ワイヤレスイヤホン

 

室内で使えるお手頃価格のBoseスピーカーをお探しの場合は、こちらをどうぞ。Boseらしいバスの効いた重低音をリーズナブルな価格で楽しめます。

Bose Home Speaker 300 【Bose home speaker 300レビュー】おすすめスマートスピーカー 500との比較や違いも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA