【Cellbeat ハンドグリップ 60kg レビュー】おすすめ 効果や使い方

この記事で分かること

  • 握力を鍛えるのにおすすめのアイテムはないか?
  • Cellbeatのハンドグリップについて、使った感想やレビューが知りたい。

今回は、こうした質問や要望に答えていきたいと思います。

 

あなたはびんのフタが開かずに困った経験はありませんか?私は頻繁にあり、その度に「握力を鍛えよう」と感じていました。

そこで今回買ったのが、こちらの「Cellbeat ハンドグリップ」です。

シロはひ弱やからねw

シロ
握力も鍛えてないとどんどん弱くなってきますな。

ということで、今回は「【Cellbeat ハンドグリップ 60kg レビュー】おすすめ 効果や使い方」について書いていきたいと思います!

「Cellbeat ハンドグリップ」の見た目とサイズ

Cellbeat ハンドグリップ」は、強度を簡単に調整でき回数も測定可能な、便利なハンドグリップです。

サイズは、「縦16cm×横10cm×幅2.5cm」です。

ハンドグリップなので、ちょうど手で持つのに良い位のサイズ感ですね。

スマホと同じ位のサイズとイメージすれば良いと思います。

重さは「138g」です。

片手で持つのに全く問題ない位の重さです。

バネはステンレス製で、しっかりしていますね。

ボディはABS樹脂で出来ていて、錆びることはもちろんありませんし、作りがしっかりしています。

「Cellbeat ハンドグリップ」の特徴

Cellbeat ハンドグリップ」は、強度の調整や使用の回数がカウントできる、おすすめのハンドグリップです。

それでは、本アイテムの特徴を見ていきましょう。

先ずは、「10-60kgに負荷が調整できること」です。

Cellbeat ハンドグリップ」は、ノズルを回すことで自由に10-60kgの強度を調整することが出来ます

ノズルを右に回すと強度が上がり、左に回すと下がる仕組みです。

自分の握力の強さやその日の状態によって、負荷を自由に調節できるということですね。

続いて、「使用回数がカウントできる」ことです。

Cellbeat ハンドグリップ」は、グリップの付け根に使用回数のカウンターが付いています

ハンドグリップを握った回数が数えられるわけですね。

次に、「滑りにくいグリップ」です。

Cellbeat ハンドグリップ」のグリップは、TPRソフトラバーで覆われており、滑りにくい構造です。

加えて、人差し指から小指で握る方のグリップは、それぞれの指に合わせた形状をしているので、握りやすいですね。

最後に、「しっかりした作り」ですね。

Cellbeat ハンドグリップ」は、バネがステンレス製、ボディはABS樹脂、グリップはTPRソフトラバーで出来ています。

それぞれ質が良くて、耐久性が高いですね。

私はかれこれ、8ヶ月ほどほぼ毎日使っていますが、特に不具合はありません。見た目も変わりないですね。

シロにしちゃ珍しく、丁寧に使ってるんやねw

「Cellbeat ハンドグリップ」の良い点とイマイチな点

続いて、Cellbeat ハンドグリップをしばらく使って感じる良い点とイマイチな点について、見ていきましょう。

良い点

  • 10-60kgまで自由に負荷を調整可。
  • 滑りにくいグリップ。
  • 耐久性のあるボディ。
  • カウンター付。
  • コスパが良い。

イマイチな点

  • 特になし。

Cellbeat ハンドグリップ」は、10-60kgまで自由に負荷を調整できる、コスパの良いハンドグリップです。

私はしばらくこのハンドグリップを使っていますが、特に不満な点はありませんね。

逆に、負荷が調整可能なこと、耐久性の高さ、コスパの良さ等買って良かったなと思っていますよ。

「Cellbeat ハンドグリップ」と競合製品の比較

次に、「Cellbeat ハンドグリップ」とその競合製品を比較していきましょう。

Cellbeat ハンドグリップGD Grip ProN-Force ハンドグリップ
値段999円3,400円2,280円
Amazon レビュー 星の数44.54.5
サイズ16cm*10cm*2.5cm15cm*9.7cm*- 
重さ138g
負荷調整10kg – 60kg 25kg – 70kg 13kg – 45kg
回数記録××

Cellbeat ハンドグリップ」を競合と比較してみると、先ずCellbeat ハンドグリップ」のコスパの良さが目立ちますね。

調整可能な負荷は、ちょうど真ん中に位置しています。

回数を記録できるのも「Cellbeat ハンドグリップ」のみですね。

60kgでなく70kgの負荷を求める方はGD Gripが良いかもしれませんが、そうでない場合は「Cellbeat ハンドグリップ」がおすすめという結論になりますね。

「Cellbeat ハンドグリップ」レビューのまとめ

今回は、「【Cellbeat ハンドグリップ 60kg レビュー】おすすめ 効果や使い方」について書いてきました。

Cellbeat ハンドグリップ」は、握力の負荷を自由に調整でき、非常にしっかりした作りの、コスパが良いハンドグリップです。

私のように自宅で握力を強化したい人や、日々のエクササイズに取り入れたい人などにおすすめできる一品です!

「Cellbeat ハンドグリップ」の評価
デザイン
(4.0)
機能
(4.0)
価格
(4.5)
総合評価
(4.0)

 

関連記事です。

 

先ずは、リーボックのスラムボール です。自宅にて腹筋等体幹を鍛えたい場合に非常に有用な重さの付いたボールです。

【リーボック スラムボール レビュー】使い方や腹筋にも

 

続いて、フォームローラーです。首や肩のこりなど、身体のストレッチや血行の活性化に有効ですね。

Triggerpoint グリッドフォーム ローラー 【フォームローラー】血行にも良い 使い方 おすすめ【Triggerpoint レビュー】

 

運動用の靴におすすめしたいのが、こちらのインソールです。軽量且つ薄く、変にインソールの存在感が強過ぎずに使いやすいですよ。

ソフソール Athelete インソール 【ソフソール Athelete レビュー】【比較や選び方】スポーツ用おすすめインソール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA