【Apple Watch6 レビュー】評価や健康 できること【アップル ウォッチ6】

シロ
こんにちは、ガジェット・ソフトウェア ブロガーのシロです!

この記事では、スマートウォッチ歴3年超の私が、アップルウォッチ6を使っている感想やレビュー、評判を見ていきます!

アップルウォッチ6はどんな機能があり何ができるのか、何が便利なのかが分かりますよ。

こんな方におすすめ!

  • スマートウォッチをお探しの方
  • 健康機能に優れたスマートウォッチをお探しの方
  • アップルウォッチ6について詳しく知りたい、レビューが知りたい方

アップルウォッチも随分と進化したもんだよね。

シロ
初期はスマホ代わりに通話やメッセージ機能があった位でしたね。

Apple Watch6/アップル ウォッチ6」の見た目とサイズ

アップルウォッチ 6」は、健康関連の機能が圧倒的に優れ、コンパクトで滑らかなデザイン・操作性が光るスマートウォッチです。

今回私は40mmサイズを買ったのですが、コンパクトなサイズ感です。

本体のみだと「30g」、ストラップも含めると「38g」ですね。本体の素材によって重さが変わります。

裏側はこんな感じで、健康機能に欠かせないセンサーが付いています。

電源のON/OFFは、右側側面の下側にあるボタンの長押しで出来ますね。

ストラップはマジックテープ式にしました。

本体カラーはスペースグレイ・青・赤・ゴールド・シルバーの中から、「ゴールド」を選びました。

シロにしては珍しいチョイスですな。

充電は、付属の専用端末で行います。

iPhoneやMacbook他と同様、ディスプレイは触っていると指紋の汚れが付きますね。

アップルウォッチ 6」もタッチパネル式なので、ディスプレイを触ることは避けられません。

汚れや、万が一落とした時にディスプレイが割れるのを避けるため、「NIMASO アップルウォッチ6 液晶保護フィルム」を購入しましたよ。

シロは頻繁にモノを落とすからね。

シロ
自分でも分かってるので、事前対策の徹底ですな。

目次に戻る➡︎

Apple Watch6/アップル ウォッチ6」の機能や特徴

本アイテムの特徴として、先ず「充実した健康関連機能」があります。

アップルウォッチ 6」は、心電図や血中酸素濃度測定など、独自の最新機能を装備しています

 健康診断で行うような測定項目を、アップルウォッチにて行えるわけです。これは便利ですよね。

不整脈の検出や転倒検出機能もあります。睡眠関連のデータも充実していますよ。

続いて「Suica対応」です。

アップルウォッチ 6」は、Suicaと連動し、改札にかざせば支払いを行えます

私はスマホにてSuicaを使っていましたが、ポケットから出すのが結構面倒でした。

アップルウォッチ 6」は手をかざせば良いだけなので、便利です。

Apple公式HPより

続いて、「サクサク動く高い操作性」です。

アップルウォッチ 6」は、S6チップという最新チップを使っており、ストレス無く操作が可能です。

動きが遅いとストレスが溜まりますが、アップルウォッチ 6」はそれがないですね。

使いやすいですよ。

さすがAppleですな。

最後に「滑らかなデザイン」です。

アップルウォッチ 6」は、アップルらしく無駄をそぎ落とし、滑らかでオシャレなデザインが光ります

本体は適度に丸み帯びていて、オシャレですね。

更に、アクセサリーが充実しているので、自分好みにカスタマイズすることも出来ます

アクセサリーの充実度は、他スマートウォッチのそれよりかなり高いですね。

Apple公式HPより

Apple公式HPより

目次に戻る➡︎

Apple Watch6/アップル ウォッチ6」良い点とイマイチな点

良い点

  • 健康関連の機能が豊富で充実。
  • スイカを使える。
  • 無駄のないスッキリしたデザイン。
  • iPhoneとの接続・相性が抜群。
  • 豊富なアクセサリー。

イマイチな点

  • スマートウォッチの中ではやや高めの値段設定。
  • バッテリー接続時間がやや短い。

使ってみての感想は、第6世代まで改善されていることもあり、とても便利ですね。

何と言っても、健康関連の機能が他ウォッチを圧倒して充実しています。スイカが使えるのも便利ですよね。

一方、バッテリー接続は他ウォッチより見劣るかもしれません。一日中着けたら、夜に充電が必要なイメージです。が、充電スピードは早いので、ストレスではないですね。

全体的に考えると、非常に質が高く、使い始めると無いと不便に感じるレベルに仕上がっていると思います。

目次に戻る➡︎

Apple Watch6/アップル ウォッチ6」と競合製品の比較

アップルウォッチ 6Fitbit SenseアップルウォッチSE
価格47,080円29,240円32,780円
Amazon レビュー 星の数4.544.5
本体の色種類523
サイズ40mm/44mm40mm40mm/44mm
厚み10.7mm12.3mm10.7mm
耐水50m50m50m
ディスプレイRetina(常時表示)有機ELRetina
文字盤変更×
バッテリー接続時間18時間6日18時間
血中酸素濃度測定××
不整脈通知×
心電図××
Suica対応×
皮膚温測定××
スマホとのペアリング
心拍数測定
睡眠測定
転倒検出×
アプリ無料有料無料

Senseの比較を見ると明らかですが、「アップルウォッチ 6」の健康関連機能が圧倒的ですね。

SEとの比較でいくと、健康関連機能で違いがあるのと、ディスプレイの常時表示が大きいです。

常時表示も、地味だけど重要な違いですな。

一方、バッテリー接続時間ではSenseに軍配が上がります。

アップルウォッチSE」は、値段がやや安い一方、血中酸素濃度測定や心電図に対応していません。これら機能を使いたい方は、現状「アップルウォッチ 6」の一択になるでしょう。

ということで、主に健康関連の機能にて、他より圧倒的に優れているのが「アップルウォッチ 6ですね。おすすめですよ。

目次に戻る➡︎

Apple Watch6/アップル ウォッチ6」レビューのまとめ

今回は「【Apple Watch6 レビュー】評価や健康 できること【アップル ウォッチ6】」について書いてきました。

アップルウォッチ 6」は、血中酸素濃度測定や心電図といった健康機能に優れ、スイカとも連動している、便利でオシャレなスマートウォッチです。

現状販売されているスマートウォッチの中で、最も機能に優れたものでしょう。使ってみてそれを強く実感していて非常に良い買い物をしたなと思っています。

Appleユーザーであれば検討の価値あるアイテムですよ。

「アップルウォッチ6」の評価
デザイン
(4.5)
健康関連機能
(5.0)
操作性
(5.0)
他機能
(4.5)
バッテリー
(3.5)
価格
(4.0)
総合評価
(4.5)

目次に戻る➡︎

 

関連記事は以下になります。

 

これまで使ってきたアイテムの中で、特におすすめをまとめています。▶買ってよかったおすすめガジェット【2021年】

おすすめ ガジェット 便利・買ってよかった【2021年】【ハイテクガジェットも】

 

Apple Watch・Iphone12・AirPodsを同時に充電するなら、こちらがおすすめになりますね。▶【Belkin MagSafe 3 in 1 ワイヤレス充電器 レビュー】AirPods/Apple Watchにおすすめ

【Belkin MagSafe 3 in 1 ワイヤレス充電器 レビュー】AirPods/Apple Watchにおすすめ

 

私はタグホイヤー・コネクテッドも使っています。ラグジュアリー感があり、こちらも良いですね。▶【タグホイヤーコネクテッドレビュー】寿命は長い!?評判

Tag Heuer Connected 【タグホイヤー コネクテッド レビュー】寿命は長い!?評判【2021】【スマートウォッチ】【バッテリー交換】

 

Macbook Airと合わせて買うと良いアイテムは、こちらをどうぞ。Macbook Airと一緒に買うアクセサリー 周辺機器

【2021年】Macbook Air と一緒に買うもの アクセサリ 周辺機器【Macbook Proも】【最初に】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA