【NIMASO iPhone 11 ガラス フィルム レビュー】おすすめブルーライトカット用

NIMASO iPhone ガラスフィルム

私はもうしばらくiPhone 11を使っています。サイズ感やFace ID等、気に入ってるスマホなのですが、最近困ったことが。

コロナショックが起きてからと言うもの、毎日様々なニュースが次々と飛び込んでくるので、スマホで寝る前にも見てしまうわけです。

すると、ブルーライトのせいか、寝つきがかなり悪くなってしまいました。

そんな中、こんなアイテムを見つけ、早速購入することに。

それが、「NIMASO iPhone用ガラスフィルム」です!

ブルーライトで寝つき悪くなるって、前にも聞いた気が。。。

シロ
Kindleですなw それで、今のPaper Whiteに買い替えたのです。

ということで、今回は「【NIMASO iPhone 11 ガラス フィルム レビュー】おすすめブルーライトカット用」について書いていきたいと思います!

NIMASO iPhone用ガラスフィルム」に含まれるもの

NIMASO iPhone用ガラスフィルム」は、目に負担のかかるブルーライトカットもできるおすすめのiPhone用カバーです。

オーダーすると、こんな感じで高級そうな見た目の黒い箱に入って届けられます。

開けてみると、こんな感じでなんだか沢山アイテムが入っていそうですね。

左からスマホフィルム、真ん中がツール袋(下で中身説明)、そしてガイド枠ですね。

ガイド枠は、フィルムをずれずにスマホへ貼り付けるのに使います。

NIMASOと書かれた袋の中には、アルコールワイプ、チリやホコリ除去用のシール、それとマイクロファイバークロスが入っていますよ。

全て、フィルムをスマホに貼る前に、スマホの画面を綺麗にするための道具ですね。

と、フィルムを貼る前にあると便利な、スマホ画面のクリーナーセットに加えて、画面にバッチリ貼るための枠など、付属アイテムが充実していますよね。

これだけあれば、シロでもちゃんと貼れそうやな。

シロ
実はそれが。。。(下をご確認。)

NIMASO iPhone用ガラスフィルム」の機能や特徴

NIMASO iPhone用ガラスフィルム」は、ブルーライトカット機能の付いた、高性能スマホ用フィルムです。

それでは、幾つか機能と特徴を見ていきましょう!

先ずは、私が買った理由でもある、「ブルーライトカット機能」ですね。

ブルーライトとは、波長が380~500nmの青色光のことです。

ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っていると言われています。

タブレットやスマホが発するライトには、このブルーライトも含まれています。

どうやら、このブルーライトを見過ぎると、体内時計が自然とは異なるタイミングで刺激されて、睡眠の質が低下するのではと言われています。

前置きが長くなりましたが、NIMASO iPhone用ガラスフィルム」は、独自のブルーライト反射光技術を駆使して、ブルーライトをカットできます。

次に、「フィルム表面のなめらかさ」です。

NIMASO iPhone用ガラスフィルムは、表面が適度にサラサラしていて、指で操作がしやすいんですね。

以前使っていたフィルムも、使い勝手には不満がなかったのですが、MINASOを使い始めると、その違いは明らかです。

スマホ画面での操作が、よりスムーズに気持ちよくできるようになりました!

そして、「多層防御」ですね。

NIMASO iPhone用ガラスフィルムは、0.33mmの薄さなのですが、そこには6層にもフィルムが重ねられています

それぞれ役割があって、例えば一番上側は指紋防止コーティング、奥の方にいくとブルーライトカットコートなどがあります。

イオン交換技術で、フィルムの強度も上がっていますね。

最後に、「フィルムが2枚」含まれていることです。

私も、買う時は「2枚いるんかな?」と思ってたわけです。

が、1枚目を適当にスマホに貼り付けたところ、気泡が結構入ってしまい。。。

一度剥がして、表面をゴシゴシ拭いていくと、接着部分側がより汚れていくという悪循環にハマり。。。

結局、予備の2枚目を使い、綺麗に貼れました。

2枚入ってたことで、救われたわけですw

シロみたいに不器用な人は2枚あると安心やねw
シロ
いや~ホントに助かりましたな。

「NIMASO iPhone用 ガラスフィルム」の競合製品との比較

それでは、NIMASO iPhone用ガラスフィルム」と他競合製品を比較してみましょう!

NIMASO iPhone用ガラスフィルム佐藤ショップ 日本製旭硝子吉川優品 ガラスフィルム
値段1,599円1,480円1,380円
Amazon レビュー 星の数4.54.54
硬度9H9H9H
フィルム枚数2枚1枚1枚
ブルーライトカット加工××
覗き見防止加工××

比較してみると、内包されているフィルムの枚数とブルーライトカット加工で、違いがありそうですね。

一方、吉川優品のフィルムは、覗き見防止加工がされていて、側面から見ると画面が見えにくいようです。この機能が欲しい方は、こちらのフィルムを選ぶと良いかもしれませんね。

「NIMASO iPhone用 ガラスフィルム」の良い点とイマイチな点

他フィルムからNIMASO iPhone用ガラスフィルムへ交換して、私が感じる良い点とイマイチな点は以下になっております。

メリット

  • ブルーライトカットの加工がなされている。
  • フィルム表面が滑らかで、指での操作がより気持ち良い快適に。
  • フィルムは2枚入っているので、1枚目で上手く貼れなくても安心。
  • 多層で防御されており、薄い一方でスマホをしっかりガード。
  • 値段も良心的。
  • スマホ画面上のカメラ周辺も、フィルムでカバー。

デメリット

  • フィルム表面に指紋跡がつきやすい。

NIMASO iPhone用ガラスフィルムは、ブルーライト加工に加えて、表面が滑らかで操作しやすいスマホフィルムです。

私が購入した理由であるブルーライト加工に加えて、表面の滑らかさや2枚入っていることなど、プラスの面が強いフィルムだと思います。

イマイチな点を挙げるとすれば、指紋跡が付きやすいことですね。この点については、前使っていたフィルムの方が良かったです。

「NIMASO iPhone用 ガラスフィルム」レビューまとめ

本記事は、「【NIMASO iPhone 11 ガラス フィルム レビュー】おすすめブルーライトカット用」について書いてきました。

NIMASO iPhone用ガラスフィルムは、睡眠の質を落とすブルーライトをカットしてくれる上、表面が滑らかで指での操作が快適なスマホフィルムです。

ブルーライトカットや多層防御、滑らかな表面で操作性が高まるなど、良い点が沢山あるフィルムなので、iPhoneユーザーの方にはおすすめしたいアイテムになっております!

「NIMASO iPhone用ガラスフィルム」の評価
スマホの操作性
(4.5)
防御の強度
(4.0)
ブルーライトカット
(4.0)
価格
(4.5)
総合評価
(4.0)

 

関連記事です。

先ずは、「PITAKAのスマホケース」ですね。薄くて軽い上に、防弾ジョッキにも使われる位丈夫な、驚くべきケースです。私も非常に気に入っています。

PITAKA iPhone11 ケース 【PITAKA iPhone11 ケースレビュー】対衝撃に強い極薄軽量のスマホケース

 

iPhone関連のアイテムでおすすめを一つの記事にまとめたので、こちらも是非読んでみて下さい!

iPhone11と合わせて買いたいアイテム 【2020年】iPhone11 と合わせて買いたいおすすめアクセサリー 周辺機器

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA