【ロジクール MX Anywhere 2S レビュー】軽い ワイヤレス マウス

ロジクール Anywhere 2S

  • コンパクトで、持ち運びにも良いおすすめのマウスがあれば、教えてほしい。
  • センサー技術が優れていて、外出先でマウスパッドがなくても滑らかに使えるマウスはないか?
  • ロジクールのAnywhere 2Sが良さそうと思うが、実際に使っての感想やレビューが知りたい。

今回は、こんな要望や質問に答えていきたいと思います。

 

オフィスでは「ロジクール MX Master 3」を使っている私ですが、自宅では持ち運びにも便利なマウスを探していました。

そこで、今回買ったのが「ロジクール Anywhere 2S」です。

MX Master 3と言い、ロジクールのマウス好きやね。

シロ
センサー技術もデザインも、他メーカーより何段か上だと思いますな。

今回は「【ロジクール MX Anywhere 2S レビュー】軽い ワイヤレス マウス」について書いていきます。

「ロジクール MX Anywhere 2S」のデザインとサイズ

ロジクール Anywhere 2S」は、ロジクールが出している機能性抜群のマウスです。

ロジクール社は、1981年に設立された、スイスのローザンヌに本社に置くLogitech社の、日本でのブランド名です。

マウスやキーボードに加えて、スピーカーや会議用のカメラ等も販売しています。

マウスブランドとしては世界No1らしく、これまで様々な種類のマウスを販売しています。

ロジクール Anywhere 2S」のサイズは「10cm×6.1cm×3.4cm(縦×横×厚み)」、重さは「105g」です。

機能性が高いマウスの中では、かなりコンパクトなサイズで、軽いマウスですね。

私の手の平におさまる位のサイズ感です。

マウスの表面は、ツルツルし過ぎずザラザラし過ぎず、手の滑り具合がちょうど良い感じです。

マウス側面の親指側は、マウスの上側表面とは違うゴム製のような素材が使われており、フィット感が良く出来ていますね。

色は3種類、グラファイト・ミッドナイトティール・グレイがあり、私はグラファイトを選んで見ました。

どれがどんな色なのかさっぱり分からんな~w

「ロジクール MX Anywhere 2S」の機能や特徴

ロジクール Anywhere 2S」は、ワイヤレスで操作可能且つ反応に優れたマウスです。

それでは、本アイテムの機能や特徴を見ていきましょう。

先ず、「センサー技術」が非常に優れています。

4000dpi Darkfieldというセンサー技術を使っており、硝子の表面を含めたほとんど全ての面でトラッキングが可能です。

商品名になっている、Anywhereは英語で「どこでも」の意味で、まさにこの技術を元にして「ロジクール Anywhere 2S」をどこでも使えるということでしょう。

確かにマウスの反応は良さそうだね

シロ
前使ってた会社支給の普通のマウスと比べると、反応が格段に良くなったよ!

Unifyingレシーバーをパソコン本体に繋げば、ワイヤレスで操作が可能になります。マウスの動きも軽快で反応も良く、かなり質が高いと思います。

充電は乾電池をマウスに差し込むのではなく、USBでチャージできます。たったの3分充電するだけで、1日中マウスを使う電池を充電が可能です。

USBでチャージできるのはかなり助かるよね!

フルに充電すれば、なんと70日も使えるようです。

実際に使ってみて、時々思いついた時に少し充電する位で、全く問題ない感じです。

マウス上側の中央にあるホイールで、パソコンで見ているページの上限に高速スクロールが可能です。

スクロール自体には音はせず、なめらか且つ高速にスクロールが出来ちゃいます。

一方、ホイールを押すと、音が鳴りながらスクロールするようになります。同時に、クリック・トゥ・クリック・スクロールと言って、より細かく精度が高いスクロール方式に変更することができたりします。

ロジクール Anywhere 2S」は、レシーバーで繋ぐことに加えて、Blootoothでの操作も可能です。

さらに、Easy-Switchというテクノロジーを使うことで、最大3台のパソコンやタブレットと接続し、ボタンをタッチするだけで、それぞれのデバイスに素早く切り替えられます

例えば、タブレットでビデオを見ながら、デスクトップで作業をしたいという場合に、この機能は使えるでしょう。

シロは違うけど、複数ディスプレイを使うユーザーも多そうだから、この機能は重宝しそうだな〜

「ロジクール Anywhere 2S」の良い点とイマイチな点

実際に「ロジクール Anywhere 2S」をしばらく使ってみて感じる良い点とイマイチな点を書いてみます。

良い点

  • マウスの反応がかなり良い。
  • 手の平に乗るコンパクトサイズで、持ち運びにも便利そう。
  • 充電がかなり短く済む上、乾電池の買い替えがない。
  • スクロールの精度を上げるのにホイールをクリックするのが、使いやすくて便利。

イマイチな点

  • クリックの音がカチカチしてややうるさい。
  • 値段がやや高め。

ロジクール Anywhere 2S」は、マウスの反応や操作性の高さが光る、ロジクールのマウスです。レーザー技術が優れていて反応が良いため、テーブルの素材がガラスであろうが他であろうが問いません

サイズもコンパクトなので、外で使うのに持ち運ぶのにもアリかと思います。

「ロジクール MX Anywhere 2S」の競合製品比較

ロジクール Anywhere 2S」を、競合製品と比較してみましょう。

 ロジクール
Anywhere 2S
AOKEOU
RAPOO
Kensington
Pro Fit
値段8,888円8,299円5,504円
Amazon
レビュー
星の数
453.5
ワイヤレス
Bluetooth
接続
同時操作の
台数
331
USB充電×(乾電池)
DPI調整2段階4段階4段階
操作距離10m20m

ロジクール Anywhere 2S」とKensingtonを比べるとAnywhere 2Sに軍配が上がりそうです。一方、AOKEOUと比べると、値段も含めてさして大きな違いはありません。従って、最終的にはブランドの好みなどで決めても良いのかもしれません。

それじゃあどっちを買ったら良いかわかんないよ〜

シロ
調べた上での正直な意見だから勘弁して〜

「ロジクール MX Anywhere 2S」を1年使っての感想

ロジクール Anywhere 2S」をヘビーに使い始めて1年ほど経ったので、その感想を書いていきたいと思います。

先ず、「コンパクトさは便利」です。

ロジクール Anywhere 2S」の最大の特徴は、センサー等高い技術がコンパクトなサイズにまとまってることと思います。

持ち運びの時など、私がMacbook Airに使ってる「Tomtoc ノートパソコンケース」に問題なく収容できます。

スペースと高さを取らないそのコンパクトさは助かりますね。

次に、「カーソル操作も概ね良好」です。

私は、「ロジクール Anywhere 2S」をこちらの「SATECHI アルミニウム マウスパッド」の上で操作しています。

カーソル操作は概ね良好です。

が、日によって時々反応が鈍くなることがあります

その場合、テーブルの上で直接操作するのですが、こうすると反応が通常になりますね。

であれば、最初からテーブルの上で操作すれば良いんやない?

シロ
反応が鈍いのはほんと時々だし、「SATECHI アルミニウム マウスパッド」気に入ってるんですな。

ということで、私は自宅にて「ロジクール Anywhere 2S」を1年ほど使っています。

マウスパッド上で時々反応が悪くなる場合を除いて、満足いく使い心地ですね。反応が悪くなった場合も、テーブル上での操作に切り替えると問題ないので、特に困ってはいません。

やはり高い技術を有しながらコンパクトにまとまっている点は、非常に便利です。

外出や出張先での作業が多い方には、特におすすめしたいアイテムですね。

「ロジクール MX Anywhere 2S」レビューまとめ

本記事は、 「【ロジクール MX Anywhere 2S レビュー】軽い ワイヤレス マウス」 について綴りました。

ロジクール Anywhere 2S」は、マウスブランドとして世界No1のロジクールが誇る、レーザー技術に優れたワイヤレスマウスです。

硝子の上でもきちんと反応するレーザー技術を備えたマウスで、スクロールも切り替えが可能で便利です。高機能なマウスの中ではコンパクトなサイズで軽く、持ち運ぶのにも向いているかと思います。私も大変気に入っているマウスですので、強くおすすめできる製品です!

「ロジクール Anywhere 2S」の評価
デザイン
(4.0)
機能
(4.5)
価格
(3.5)
総合評価
(4.5)

 

関連記事です。

 

マウスということで、キーボードも紹介しておきます。こちら東プレという日本のメーカー製で、使い始めて感動しました。タイピングがあまりに心地良いので、まさかのタイピング自体が楽しみになっています。

【東プレ キーボード Realforce レビュー】おすすめのリアルフォース【最高峰】

 

こちら、全体的に非常に総合点の高い、同じくロジクールのマウスです。コンパクトさではAnywhere2に軍配が上がるかと思います。

【MX Master 3 レビュー】比較 ロジクールのおすすめマウス

 

Anywhere2Sはどこでも使えるのが謳い文句ですが、マウスパッドがあると快適さが増します。こちらはクールな見た目のSATECHIのアルミニウム製パッドですね。私はは自宅で使っています。

SATEHI アルミニウム マウスパッド 【SATECHI アルミ マウス パッド レビュー】仕事にもおすすめのかっこいいパッド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA