【RAVPower 61W USB-Cレビュー】PD対応の急速充電器【評判や信頼性も】

RAVPower 61W USB-C

私はMacBook Airを使っているのですが、付属の充電器が大きくかさばり、持ち運びにくいので、小さなサイズの充電器を探していました。

そこで調べて購入したのが、こちらの「RAVPower 61W USB-C 」です。

パッと見は付属の充電器とあまり変わらないような。。。

シロ
出力もサイズも違うから、スクロールして読んでみてよ

今回は「【RAVPower 61W USB-Cレビュー】PD対応の急速充電器【評判や信頼性も】」について書いていきます。

RAVPower 61W USB-C 」のデザインとサイズ

RAVPower 61W USB-C」は、コンパクトなサイズの出力容量が高い充電器です。50W以上のUSB-C対応充電器では、世界最小&最軽量クラスとのことです。

デザインはシンプルな一方、所々に工夫が見られます。

基本は縦4.9cm×横4.9cmサイズの正方形で厚みが3.2cmです。AppleのMacbookA Airを買うと付いてくる充電器よりも、少し小さめです。

ポートはPDタイプのUSBです。

Macbook Proに付いてくる充電器と比べると、半分のサイズのようです。

重さは105g。軽いです。

シロ
両面にRAVPOWERのロゴが入ってて、おしゃれだよね

触った時の質感も良さそうだね!

ちゃんと充電ができていると青いLEDライトが点灯するので、電源にしっかり差し込まれているか一目で分かります。暗い中で作業する人が多いか分かりませんが、その時にも見やすくて良いでしょう。

色は私が購入した白に加えて、黒の2種類から選べます。電源コードの色や好みに合わせて選ぶことが出来ます。

RAVPower 61W USB-C 」の機能

RAVPower 61W USB-C 」の出力は61WですMacbookに付いてくる上記の充電器の出力は29Wなので、2倍強の出力を誇る事になります。

13インチのMacbook Proだと1.8時間、iPhone XS Maxだと2.1時間でフルチャージできます。

試しにMacbookAir充電時のワット数(電流×電圧)をチェックしたところ、約20Wの数値を叩き出しました。

人工衛星等の産業用機械に用いられている窒化ガリウム(GaN)という素材を用いることで、従来のシリコン半導体に比べて電力損失と発熱量が小さくなり、小型化と高効率化が実現しています。

人口衛星に使われてるのと同じ素材ってなんだかすごいね!

USB-Cポートなので、iPhoneやMacbook Pro/Airに加えて、以下のようにNintendo Switchなどにも幅広く使えます。

プラグは折畳式で、かさばりません。プラグが突き出てると収納に場所を取るので、地味ですが嬉しいポイントです。

例えばUBS用のポート等、他の余分な機能は付いていません。おそらく最小最軽量に拘るために、機能を必要なもののみに絞り込んだのだと想像します。

シロ
無駄がなくてシンプルなデザインだよね

さらに、世界各国の電圧(AC100-240V)に対応しているので、海外へ行った時も変圧器を使う必要がありません。海外旅行や出張に行く際に便利です。

RAVPower 61W USB-C 」の類似製品比較

これからいくつか他製品も使ってみようと思いますが、「RAVPower 61W USB-C 」と他競合品のスペックを比較してみます。

 RAVPower
61W
USB-C 
RAVPower
USB-C
2ポート
Anker
Powerport
AtomⅢ
Anker
Powerport
AtomⅢ
2ポート
値段4,599円4,799円4,299円4,299円
Amazon
レビュー
星の数
54.544
サイズ
(縦×横
×幅)
4.9cm
×4.9cm
×3.2cm
6.5cm
×6.5cm
×3.1cm
6.8cm
×6.9cm
×2.8cm
6.1cm
×5.8cm
×2.8cm
重さ105g168g181g132g
出力61W61W60W60W
対応
USBポート
CCとACとAC

値段はAnkerの2つがやや安めです。一方、同クラス最小&最軽量と謳っているだけあって、サイズと重さは他より圧倒的に小さく軽いです。出力はほぼ同じで、他2製品がUSB-Aにも対応といったところでしょうか。

出力をキープしたまま、軽さと小ささを求めるのであれば、「RAVPower 61W USB-C 」がおすすめという結論になります。

RAVPower 61W USB-C 」の良い点とイマイチな点

RAVPower 61W USB-C 」を実際に使って感じた、良い点とイマイチな点をまとめておきます。

良い点

  • 出力がAppleに製品についている充電器と比べて2倍強あり、短時間で充電が可能。
  • 出力は2倍強だが、サイズはさらに少し小さい。
  • ブルーのLEDライトがお洒落で、充電されてるかが分かりやすい。
  • プラグは折畳み式でかさばらない。

イマイチな点

  • サイズは小さいが、Macbook Air等についている充電器と比べて、驚くほど小さいわけではない。厚みは殆ど変わらない

RAVPower 61W USB-C 」レビューまとめ

本記事は、「【RAVPower 61W USB-Cレビュー】PD対応の急速充電器【評判や信頼性も】」について綴りました。

RAVPower 61W USB-C 」は、50W以上のUSB-C対応充電器では、世界最小最軽量クラスの出力が高い充電器です。

デザインも良く、持ち運びにも便利です。さらに持った時の手触り感やコンセントを折り畳む時の感覚など、細かな作りにも優れた私のお気に入りの商品の一つです。

「RAVPower 61W USB-C 急速充電器」の評価
デザイン
(4.5)
サイズ
(3.5)
機能(音質)
(4.0)
価格
(4.0)
総合評価
(4.5)

 

関連記事です。

 

こちらも同じく急速充電器です。Anker製で薄さが売りの、持ち運びに便利な一品です。

Anker PowerPort Aom 3 Slim 【Anker PowerPort Atom ⅲ Slim 詳細レビュー】タイプCの人気な急速充電器!

 

マグネット式アダプターです。旧マックブックのマグネット式を彷彿させる、マニアにはたまらないアイテムと思います。

Magsafe マグネット USB C アダプタ 【Magsafe マグネット USB C アダプタ レビュー】TypeC 変換 電源アダプタ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA