打ちやすい サイレントキーの電卓【カシオ 本格実務 レビュー】【高級】

カシオ 本格実務電卓 JS-20DB

この記事で分かること

  • 仕事におすすめの打ちやすい電卓はないか?
  • カシオ本格実務の電卓について、実際の感想やレビューが知りたい。

今回は、こんな疑問や要望に答えていきたいと思います。

 

私は以前の投稿で、シャープの電卓をレビューしました。

こちらは家で計算する用に買ったのですが、思いのほか良かったので、オフィス用にも電卓を買おうと思い、より実践向きなものを探していました。

そこで見つけたのが、こちらの「カシオ 本格実務電卓」です!

また別の電卓買ったんか~ オフィスに電卓なかったっけか?

シロ
会社支給のがあるんやけど、使い心地がイマイチだったのだよ。

それでは、今回は「打ちやすい サイレントキーの電卓【カシオ 本格実務 レビュー】【高級】」について書いていきたいと思います!

「カシオ 電卓 本格実務」の見た目とサイズ

カシオ 本格実務電卓」は、抜群な打ち心地の良さと実務に必要な機能を全て備えた質の高い電卓です。

サイズは「縦が17.6cm、横が10.9cm、厚みが2.1cm」です。

 概ね、想像していた通りの大きさでした。

重さは「197g」ですね。

片手で持ち運ぶのに全く問題ない重さです。

数字キー側は、表面が金属で覆われています。

触るとヒンヤリしつつ、適度に滑らかで良いですよ。

一方、ディスプレイ分は透明なプラスチックで覆われています。

他電卓では、ディスプレイ部分がむき出しになってるものが多いと思います。

文字盤にはツヤがあり美しいですね。表面は非常に滑らかです。

「カシオ 電卓 本格実務」の機能と特徴

カシオ 本格実務電卓」は、プロ仕様の機能や使い心地を持つ、抜群に質の高い電卓です。

それでは、「カシオ 本格実務電卓」の特徴を見ていきましょう。初めにまとめておくと、以下になります。

  • 打ち心地の良い数字キー。
  • 表面の数字が消えないキー。
  • 絶妙なバランスの緩やかな傾斜。
  • 3キーロールオーバー。

先ず、「打ち心地の良い数字キー」です。

カシオ 本格実務電卓」は、キーの打ち心地が抜群で、叩いていて気持ち良いです。

静音設計がされており、キーを打った時に音がほぼしません。

加えて、キーの表面は滑らかで、打ちやすく加工されています。

他の電卓とは使い心地・打ち心地が明らかに違うほど、優れていますね。

次に、「表面の数字が消えないキー」です。

カシオ 本格実務電卓」は、2色成型樹脂構造を採用しています。

つまり、キーの数字を表面にインクで付ける代わりに、キーの内部にはめ込んでいるわけです。

なので、数字が消えることがありません。

そして、「絶妙なバランスの緩やかな傾斜」です。

カシオ 本格実務電卓」は、下から上にかけて、緩やかに傾斜がつけられています。

こうすることで、ディスプレイが見やすくなる上、数字も打ちやすくなるのですね。

最後に、「3キーロールオーバー」です。

キーから指が離れる途中で次の次のキーを押しても問題ないのです。

実務では素早くキーを打つこともありますが、3キーまで対応していれば助かりますよね。

「カシオ 電卓 本格実務」と競合製品との比較

それでは、「カシオ 本格実務電卓」と競合製品との比較をしてみましょう。

カシオ 本格実務電卓 シャープ 50周年記念モデルシャープ CS-S952CX
値段7,236円2,291円4,882円
Amazon レビュー 星の数4.54.54.5
重さ197g167g245g
桁数121212
税込・税抜きボタン
キーロールオーバー322
2色成型樹脂構造×
静音設計

カシオ 本格実務電卓」を競合製品と比較してみました。

キーロールオーバーでは「カシオ 本格実務電卓」に軍配が上がります。

私のように実務で早打ちをする方は、3キーロールオーバーの方が助かるでしょう。

この表には含んでいませんが、叩き心地については「カシオ 本格実務電卓」が勝るでしょう。他電卓を圧倒する心地良さと思いますね。

値段は少し高めですが、電卓を使って快適に仕事をしたい方には強くおすすめしたい一品です。私はしばらく使っていますが、満足しております。

「カシオ 電卓 本格実務」の良い点とイマイチな点

続いて、「カシオ 本格実務電卓」を使って感じる、良い点とイマイチな点を見ていきましょう。

良い点

  • キーの打ち心地・触り心地が快適。
  • 表面の素材がディスプレイとキー部分で異なり、高級な見た目。
  • 3キーロールオーバーで、早打ちにも対応。
  • 滑り止めがしっかりしていて、滑らない。
  • 様々な計算に対応していて、実務向き。
  • ディスプレイ側にかけて傾斜がかかっていて、数字が見やすい。
  • ディスプレイも大きくて、数字が見やすい。

イマイチな点

  • 電卓にしては値段が高い。
  • 重さは軽いものの、持ち運びを想定して作られていない。

カシオ 本格実務電卓」で私が最も気に入っているのは、キーの打ち心地・触り心地ですね。非常に快適で、気持ち良いです。

「本格実務電卓」を謳っていることもあり、時間・日数・税など様々な計算にも対応しています。

実務や本格的に電卓を使う方には、強くおすすめできる高い質を誇る電卓に仕上がっていますね。

「カシオ 電卓 本格実務」のまとめ

今回は、「打ちやすい サイレントキーの電卓【カシオ 本格実務 レビュー】【高級】」について書いてきました。

カシオ 本格実務電卓」は、キーの打ち心地が抜群で、実務性にも非常に優れた質の高い電卓です。

私はオフィスでしばらく使っていますが、非常に満足しています。

仕事等で本格的に電卓を使う方には、強くおすすめしたい一品ですね。

「カシオ 本格実務電卓」の評価
見た目・デザイン
(4.5)
質感・触り心地
(5.0)
機能
(4.5)
持ち運びやすさ(外出)
(3.5)
価格
(3.5)
総合評価
(4.5)

 

関連記事です。

 

こちら、私が自宅で簡単な計算用に買ったシャープの電卓です。

シャープ電卓 50周年記念モデル 【シャープ 電卓 50周年 レビュー】おしゃれでかっこいい 記念モデル

 

こちらの東プレのキーボードをご紹介します。感動的なタイピングの心地良さを誇る一品ですね。

【東プレ キーボード リアルフォース レビュー】おすすめのRealforce【比較】

 

ビジネスや仕事に役立つアイテムを、こちらの記事にてまとめております。

ビジネスや仕事に役立つ 効率化できる/捗る おすすめのガジェット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA