高速USBメモリのおすすめ【SanDisk Type A C レビュー】【両方】【2020年】

SanDisk USBメモリー

この記事で分かること

  • USB AとCの両方に使えるメモリーはあるか?
  • SanDiskのUSBメモリーについて、実際に使った感想やレビューが知りたい。

今回は、こうした質問や要望に答えていきたいと思います。

 

私はMacbook Proから入り、現在はAirを愛用しています。

クラウド全盛の時代になり、以前ほど使う機会は多くありませんが、オフラインの時などに活躍するのがUSBメモリーですよね。

MacはUSB-Cなので、多くのWindowsパソコンで主流のUSB-Aとは異なります。

そんな時に活躍するのが、こちらの「SanDisk USBメモリー Type A&C」です!

クラウドとEメールとかでファイルシェアって十分やないんかね?

シロ
出先でWifiに繋がらないとか、地味に使う場面はあるんですな。

ということで、今回は「高速USBメモリのおすすめ【SanDisk Type A C レビュー】【両方】【2020年】」について書いていきたいと思います。

SanDisk USB メモリー Type A C」の見た目とサイズ

SanDisk USBメモリー Type A&C」は、コンパクトなサイズでUSB-AとCの両方が使える、USBメモリーです。

サイズは、「縦が3.8cm、横が2cm、厚みが0.9cm」です。

かなりコンパクトと思います。財布に入れて、持ち運べるレベルのサイズですね。

重さは、「9g」です。

これも、かなり軽いです。重さは持ち運びの問題に全くなりませんね。

表面は「SanDisk」のロゴが入った金属版がメインで、残りは表面に立体感があるパターンがあるプラスチックですね。

プラスチック部分は、そのパターンのおかげでレザーに近い質感になっています。

少し高級感が出てますね。

SanDisk USB メモリー Type A C」の機能と特徴

SanDisk USBメモリー Type A&C」は、コンパクトなサイズでUSB-AとCの両方が使える、便利なUSBメモリーです。

それでは、本アイテムの機能や特徴を見ていきましょう!

先ずは、「スライド式のUSB端子」です。

SanDisk USBメモリー Type A&C」には、Windowsパソコンなど用のUSB-Aと、Macbookなど用のUSB-Cの両方のUSB端子が付いています

Macbook Airと合わせて買いたいアイテムの紹介はこちらをどうぞ

これらは、何れもスライド式になっていて、使いたい方をスライドさせて出すんですね。

こうすることで、USB端子が保護されるんですね。

次に、「高速な読取速度」なことです。

SanDisk USBメモリー Type A&C」の読取速度は、最大150MB/sで、とても高速です。

実際、本アイテムを使ってファイルを移動させると分かりますが、まぁ早いです。

ストレスなくファイルの移管が可能ですね。

せっかちなシロには最適w

最後に、「十分なメモリ容量」ですね。

SanDisk USBメモリー Type A&C」は、RAM容量が64GBあります。

これだけあれば、そう簡単にメモリは一杯になりません。

例えば、少し前に発売されたiPhone SE 2の一番小さなメモリは、同じく64GBです。

スマホと変わらぬメモリを持ってることになりますね。

SanDisk USB メモリー Type A C」の良い点とイマイチな点

それでは、「SanDisk USBメモリー Type A&C」をしばらく使って感じる、良い点とイマイチな点を書いてみましょう。

良い点

  • コンパクトなサイズで、持ち運びにも便利。
  • かと言って、小さ過ぎず、紛失しにくい。
  • とにかく読取が早い。
  • 64GBと十分な容量。
  • その割に値段もリーズナブル。
  • 少し高級感がある見た目。

イマイチな点

  • iPhoneに接続できない(Lightningでない)
  • こんなことやだな
  • あんな夢こんな夢

SanDisk USBメモリー Type A&C」は、スライド式でUSBのタイプAとCが使える、読取速度が高速なUSBメモリーです。

サイズ、読取スピードの速さ、十分な容量、なかなか良い質感と良い点が多いアイテムです。

一方、私が使っているiPhone11につなげる、Lightningが使えないのは残念と言えば残念ですかね。

ただ、私はMacbookとパソコン間のファイル移管を主目的に買ったので、そのニーズにはしっかり答えているアイテムと言えますよ。

SanDisk USB メモリー Type A C」の競合製品との比較

続いて、「SanDisk USBメモリー Type A&C」とその競合製品と比較してみましょう。

SanDisk USBメモリー Type A&CThkaliar 64GB タイプCPuubar USBメモリ 4 in 1 
値段1,763円1,115円2,580円
Amazon レビュー 星の数444
サイズ (縦×横×厚み)3.8cm×2cm×0.9cm6.5cm×2cm×1cm7cm×1.5cm×1cm
重さ9g20g60g
容量64GB64GB32GB
最大読取速度150MB/s120MB/s80MB/s
対応USB端子A/CA/CA/C/Micro/Lighting

競合製品と比較してみると、その軽さと最大読取速度について、「SanDisk USBメモリー Type A&C」が優っていますね。

一方、上述したようにスマホに接続するにはUSB-Lightingが必要で、Puubarは対応していますね。

ということで、USB AとCのみ対応のメモリーをお求めの方は「SanDisk USBメモリー Type A&C」がおすすめ、LightingやMicroもお求めの場合はPuubarが良いと思いますね。

SanDisk USB メモリー Type A C」のまとめ

今回は、「高速USBメモリのおすすめ【SanDisk Type A C レビュー】【両方】【2020年】」について書いてきました。

SanDisk USBメモリー Type A&C」は、USBAとC両方に対応した、読取スピードが高速で64GBの容量を持つ、便利なUSBメモリーです。

私のように、自宅ではUSB-CのMacbook Air、オフィスではUSB-CのWindowsを使用の場合など、USB CとA間のファイル移管がストレスなく、素早く可能です。

オフラインで作業する場合には助かりますよね。

ということで、USB AとCで使えるUSB-メモリをお探しの方には、おすすめできる一品となっております。

「SanDisk USBメモリー Type A&C」の評価
見た目・デザイン
(4.0)
コンパクトさ
(4.0)
読取スピード
(4.5)
メモリ容量の大きさ
(4.5)
価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

 

 

関連記事です。

 

こちら、ビジネスや仕事で使うと役立つアイテムを紹介しております。

ビジネスや仕事に役立つ 効率化できる/捗る おすすめのガジェット

 

Macbook Airと合わせて買うと良いアイテムをまとめております。

【2020年】Macbook Air と一緒に買うもの アクセサリー 周辺機器【Macbook Proも】

 

これまで使ってきた中で、特におすすめのアイテム・ガジェットをまとめています。

【2020年】買って良かった 便利なおすすめガジェット 買ってよかった おすすめ/便利 ガジェット 【2020年】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA