【ゼンハイザー Momentum In-Ear i レビュー】おすすめマイク付き有線イヤホン

ゼンハイザー MOMENTUM In-Ear

私は幾つかのヘッドホンやイヤホンを気分や用途で使い分けているのですが、一つだけ有線のイヤホンを使っています。

具体的には、オフィスのデスクトップに常時付けているイヤホンです。

例えば、デスクでランチを取る際、動画を見る時等に使っています。

それが、こちらの「ゼンハイザー Momentum In-Ear i」です!

お、遂にゼンハイザーのご登場ですか!

シロ
そう、実を言うと最近になるまで、これがゼンハイザーのイヤホンと気付かずに使っておりましたw

ということで、今回は、「【ゼンハイザー Momentum In-Ear i レビュー】おすすめマイク付き有線イヤホン」について書いていきたいと思います!

「ゼンハイザー Momentum In-Ear i」の見た目とサイズ

ゼンハイザー Momentum In-Ear i」は、Sennheyser製の、低音に迫力があり、耳の付け心地もピッタリ良い有線イヤホンです。

サイズは、Y字型のケーブルが1.2mほどあります。

私は、会社で支給されているデスクトップにて使っています。

デスクトップのイヤホンジャックに差し込んで使っていますが、ワイヤは少し余裕をもって使える長さですね。

重さは16gです。

非常に軽いですね。あまり重さを感じないレベルです。

色はブラックとレッドがあります。私はブラックを買いました!

レッドもなかなかカッコええやん~

シロ
ブラックも気に入ってるけど、正直少し後悔しておりますw

「ゼンハイザー Momentum In-Ear i」の機能と特徴

ゼンハイザー Momentum In-Ear i」は、高いクオリティを誇る音質と、耳への高いフィット感や耐久性を兼ね備えた有線イヤホンです。

それでは、その機能や特徴を以下に見ていきましょう!

先ずは、「質の高い音質」です。

Sennheyserは、ドイツの有名なオーディオ会社です。他のヘッドホンやイヤホンを見ると分かりますが、なかなか値段が張る一方、かなりの高音質を誇るようです。

ゼンハイザー Momentum In-Ear i」も、その特質を持っていて、音質が高いですね。特に、バスというか迫力のある音質が特徴かと思います。

10mm口径のダイナミックドライバー、つまり音が出るノズルも独自に開発されたものです。

ステンレスで出来たノズルは一般的なものより細く、付けた時に耳の奥まで音が届く作りになっています。

次に、「付け心地の良さ」です。

私はワイヤレスも含めて幾つかイヤホンを使っているのでよく分かりますが、付け心地はものによって大分異なるわけです。

ゼンハイザー Momentum In-Ear i」は、上述したようにノズルが細く、耳の奥までフィットするようになっています。

加えて、人間工学の考えに基づき、ノズルが15度に傾斜していて、より耳への装着感が高まるように作られていますね。

続いて、「付属のリモコン」です。

ゼンハイザー Momentum In-Ear i」は、右耳のイヤホン側にリモコンが付いています

これで、音量調節、曲の再生や停止、早送りと巻き戻しが可能です。

パソコンやスマホに付けて使う場合、いちいちモニターを付けて操作するのは結構面倒なわけです。

私はイヤホン自体やイヤホン付属のリモコンで操作する方が便利で好きなので、これは助かりますね。

ちなみに、リモコンにはマイクも内蔵されており、通話にも便利になっております。

通話用のマイクが入ってるかは大事よな。

シロ
僕はマイクが内蔵されてるイヤホンやヘッドホンしか買ってないかもな~。

最後に、「滑らかなデザイン」です。

全体としてよくまとまっているというか、イヤホン部分を含めて非常に滑らかなデザインと思います。

イヤホン部分も、メタリックな表面加工がされていて、美しいです。

もちろん、Sennheyserのロゴも見栄えするデザインになっていますね。

「ゼンハイザー Momentum In-Ear i」の競合製品との比較

次に、競合製品と比較していきましょう。他有線イヤホンと比較してみました。

ゼンハイザー Momentum In-Ear iSHUE SE215ソニー MDR-XB75APDenon AH-C820
値段9,391円11,800円6,073円14,682円
Amazon レビュー 星の数3.54.54.54.5
ケーブル1.2m1.2m1.2m
コントローラー××
ドライバーダイナミックダイナミックデュアルコンプレッション
内蔵マイク××
音量調節(コントローラー)×××

有線イヤホンで競合比較を行ってみました。

こうしてみると、ゼンハイザー Momentum In-Ear i」がちょうど中間位に位置するイヤホンと言えますね。

音質を求めるのであればダブルドライバーのDenonが良いでしょう。が、その分値段は高いですね。

一方、通話用にマイクが内蔵されていて値段も安いということであれば、ソニーに分があります。

ゼンハイザー Momentum In-Ear i」というと、音質も相応に高く、マイクも内蔵されていて通話にも使えるモデルということですね。

「ゼンハイザー Momentum In-Ear i」の良い点とイマイチな点

それでは、「ゼンハイザー Momentum In-Ear i」を1年以上使って感じる良い点とイマイチな点を見ていきましょう。

買ってからそんなに経つんかいなw

シロ
レビュー書くのをすっかり忘れておりましたw

良い点

  • 迫力あるサウンドを楽しめ、音質が高い。
  • 耳の奥までフィットするデザインで、耳へのフィット感が良い。
  • 付属のリモコンが便利。マイク内蔵で、通話にも対応。
  • 丈夫な作り。
  • 滑らかな美しいデザイン。
  • ワイヤも1.1mと十分な長さ。

イマイチな点

  • 値段はやや高め。
  • ワイヤレスが主流になりつつある中、やや時代遅れ感有り。

ゼンハイザー Momentum In-Ear i」は、Sennheyserらしい高い音質を誇る、耐久性や耳へのフィット感の高さを備えた有線のイヤホンです。

上述したように、私は既に1年以上このイヤホンを使っていますが、耐久性も高いですし良いですね。

確かにワイヤレス主流になりつつ現在、有線のイヤホンはどうかなと思う節もあります。

が、例えば私が使っているように、オフィスのデスクトップに常に差しっぱなしで使う等、特定の場面ではまだニーズがありそうですよね。

「ゼンハイザー Momentum In-Ear i」のまとめ

今回は、「【ゼンハイザー Momentum In-Ear i レビュー】おすすめマイク付き有線イヤホン」について書いてきました。

ゼンハイザー Momentum In-Ear i」は、ドイツが誇るオーディオメーカーであるSennheyserが出している、高音質且つフィット感が高い有線のイヤホンです。

ワイヤレスが主流になりつつある中ですが、特定の場面やニーズで有線の方が良い場合はあると思います。

そんな時に、選択肢の一つとして考えるのに良いアイテムではないでしょうか。

「ゼンハイザー Momentum In-Ear i」の評価
見た目・デザイン
(4.0)
質感・触り心地
(4.0)
音質
(4.5)
価格
(3.5)
総合評価
(4.0)

 

関連記事です。

 

私が自宅で、パソコンと接続しているワイヤレスのヘッドホンです。Logicool製で音質に特段特徴はないのですが、軽くてマイクも付いており、ビデオ会議にも適していますよ。

ロジクール ワイヤレスヘッドセット H800 【ロジクール ワイヤレスヘッドセット H800 レビュー】マイク付きサラウンド

 

続いて、私がメインで使っているワイヤレスイヤホンです。BoseやAmazon Echo Budsも持っていますが、Bluetoothの接続性、音質、質感、デザインでこちらRHAに分がありますね。

RHA TrueConnect 【RHA TrueConnect レビュー】コンパクトなタッチ式ワイヤレスイヤホン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA