サイトスピードの改善に役立つプラグイン3選

サイトスピードの改善に役立つ プラグイン

本ブログも、始めてから早7ヶ月程度が過ぎ、記事数も80まできました。

ガジェットのレビューを中心に書いていることもあり、写真を多めに入れているのですが、そのためか、結構サイトの立ち上がりスピードが遅くなってました。

まだ80しか記事書いてないのに、サイトスピードも遅いって改善しがいあるねw

シロ
まだ80記事だけど、頑張ってますよ〜。

そこで、今回は「サイトスピードの改善に役立つプラグイン3選」と称して、サイトスピードを上げるのに効果的だったプラグインを紹介していきたいと思います!

サイトスピードの改善に役立つプラグイン

改善前後のスコア比較

先ず、改善前と後でサイトスピードのスコアがどう変わったか見ていきましょう。

そもそも、何もしない段階では、スカバズのサイトスピードはかなり遅かったです。Googleが無料で提供しているサイトでスピードを測ったところ、こんな結果に。

改善前のスピード・スコア

  • モバイル:20
  • PC:40

これは、以下のサイト上にある説明を読めばわかるように、0-49の遅い水準に入ります。


要は、サイトスピード遅くて、全然だめってことやな〜

シロ
「全然」って大袈裟に言わなくても。。。

かなり残念なスコアなわけですが、そこから幾つかプラグインをインストールして、徐々にスピードを上げていきました。

すると、何とかスコアが上がり、今ではまぁまぁなレベルに上げられましたね。

特にパソコンの方は、なかなかやるやん。

シロ
手の平の返し方が極端w

それでは、サイトスピードに効いたプラグインを紹介していきたいと思います!

EWWW Image Optimizer

先ず、ご紹介したいのは「EWWW Image Optimizer」。アップロードした画像を圧縮してくれるプラグインです。

画像圧縮に加えて、画像に紐づいているメタデータを消して、 最適化することもできます。

私がこのプラグインで一番助かったのは、投稿済みの画像を「一括圧縮」できることです。過去にアップロードした画像は結構な数あって、それを一つ一つマニュアルで圧縮してくのは辛いですよね。

EWWW Image Optimizer」は、そんな手間を省いてくれる一括圧縮機能があるので、大変助かりました。

Autoptimize

続いて、「Autoptimize」です。CSS、HTML、Java Scriptのコードを最適化してくれるプラグインです。

それぞれのコードを改行を無くしたり、連結してファイルを最適化してくれます。

サイトを開いた時に、一度に全ての画像を読み込むのではなく、順序を付けて遅延させて読み込ませる機能のLazy-loadも設定できるみたいですね。

非常に助かるプラグインと思います。

Optimize Database after Deleting Revisions

続いて、「Optimize Database after Deleting Revisions」です。名前がまんまですねw  

記事のリライトをすると、その分だけ新しいデータが溜まっていきます。それを、設定に従って効果的に削除してくれるプラグインですね。

私は、例えばタイポとか新たに追加したいことが時々見つかるので、その度にリライトしています。なので、結構その分データベースが増えたはずです。

保存したいリビジョンの数を設定できたり、リビジョンを削除する頻度を設定すれば、自動で行ってくれます。

非常に便利ですね。

これまでに、本サイトでは182のリビジョンを削除してくれました!

その他

プラグインではないのですが、その他実施したことを下記にまとめておきます。

  • XserverのXアクセラレータ Ver.2を「ON」にする
  • 同じくサーバーキャッシュ設定を「ON」にする
  • 同じくブラウザキャッシュ設定を「ON」にする

私はXserverを使っているので、こちらを実施しました。サーバー側でサイトスピードの高速化対応をするということですね。

何もXserverが提供してくれている機能です。

そして、以下はインストールしたけど、結局アンインストールしたプラグインです。

  • Imagify 
  • BJ Lazy Load

 

先ず、「Imagify」は上述したEWWWと並んで有名な、画像圧縮プラグインです。

当初Imagifyを使っていたのですが、一定数を圧縮したところで有料化が必要になったため、EWWWに切り替えました。

次に、「BJ Lazy Load」です。

こちらはLazy Load対応のプラグインで有名なのですが、導入したところ一部ウィジェットが表示されなくなってしまいました。

Autoptimizeを使っていたせいかもしれませんが、機能が被るのでアンインストールすることにしました。

まとめ

今回は、「サイトスピードの改善に役立つプラグイン3選」について書いてきました。

特に投稿数が溜まってくると、いつの間にかサイトスピードが落ちて、読み手にとって好ましくない状況になります。

以下のプラグインは、使い方も簡単ですし、私もインストールして効果が実感しているので、おすすめできるものになります。

サイトスピードの改善に役立つプラグイン3選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA