【エネループ レビュー】エネループ プロ エボルタとの違いや比較

パナソニック エネループ

この記事で分かること

  • 充電可能な水素電池のおすすめはあるか?
  • パナソニックはエネループとエボルタの2つの水素電池があるが、違いは何か?
  • エネループの感想やレビューが知りたい。

今回は、こうした疑問や要望に答えていきたいと思います。

 

私はこれまでアルカリ乾電池を使っていたのですが、充電で再利用可能な電池があると知り、早速買うことに。

それが「パナソニック ニッケル水素電池エネループ」です。

再利用できるなら、電池切れて買いに行かなくて良くなるんかな。

シロ
その通りで、充電して再利用可なのですな。

それでは、今回は「【エネループ レビュー】エネループ プロ エボルタとの違いや比較」について書いていきます。

「エネループ」の見た目と大きさ

パナソニックニッケル水素電池エネループ」は、何度も充電して再利用が可能な、非常に便利なニッケル水素電池です。

見た目や大きさはアルカリ乾電池と何も変わらないですね。

重さは単3が「26g」、 単4が「12g」です。

私は普通のエネループを買ったので、表面の色は白です。

一方、フラッシュ付きのカメラ等、大きな電力を費やす機器には、エネループ プロ」があります。こちらは、黒です。

さらに、「エボルタ」というブランドの水素ニッケル電池もあります。こちらは、1回の使用時間が長いのが特徴です。

エネループは、エボルタと比較すると繰り返し回数が多く使えるのですね。

私は「パナソニックニッケル水素電池エネループ」が好みだったので、今回はエネループを買いました。

色んな種類の電池あって、頭が混乱してきたぞい。

シロ
そんなこともあろうかと、下に比較表作っておきましたよ。

「エネループ」の機能・特徴

パナソニックニッケル水素電池エネループ」は、何度も充電して再利用が可能な、非常に便利なニッケル水素電池です。

それでは、本アイテムの特徴を説明していきましょう。初めにまとめておくと、こちらになります。

  • アルカリ電池よりコスパが良い。
  • 液漏れ防止製法。
  • 耐久性の高さ。
  • 抗菌加工。
  • 10年後でも70%の残量確保。

先ず、「アルカリ電池よりコスパが良い」ことです!

4本充電して約1円なので、1本当たり0.223という計算になります。

パナソニックニッケル水素電池エネループ」は、およそ2,100回繰り返し使えますね。

参考に、アルカリ電池とのコスト比較を行ってみます。ここでは、以下のパナソニック製アルカリ電池を例に使いました。

前提として、アルカリ電池は使用条件によって接続時間が異なるため、一つこれといったデータはありません。が、流す電流毎の接続時間は出しています

単三の100mA20時間です。つまり、これらを掛け合わすと合わせて2,000mAになります

アルカリ単三電池一つ当たりのコストは、大体70円です。

パナソニックニッケル水素電池エネループの方は、500mA4時間です。

つまり、こちらも掛け合わすと、2,000mAで揃いました。こちらのコストは、単三一つ当たり366円、充電は、1つ1回当たり0.223円の電気代です。

これらを元にアルカリ電池とエネループのコストを比較計算すると「電池を5-6/回以上使うと、アルカリ電池より水素ニッケル電池の方がお得」となります。

具体的には、70x > 366+0.223xにおけるxを計算するということです。

5-6回なんて簡単に使うと思うので、水素ニッケル電池の方がお得と結論づけられるでしょう。

説明長いけど、要はエネループの方がアルカリ電池よりコスパ良いんやね?

シロ
簡単に言うと、そういうことですな。 

次に、「液漏れ防止製法」です

パナソニックニッケル水素電池エネループ」は、独自の技術である新封口工法によって、液漏れを減らしています

液漏れが起こると、電池を使っている機器が錆びたり壊れますが、それを軽減できます。

液漏れすると困る点が多いので、これは助かりますよね。

そして、「耐久性の高さ」です。

パナソニックニッケル水素電池エネループ」は、マイナス20度まで使用可能で、雪山でスキーやスノボーをするのに、小さめのデジカメやトランシーバー等も問題なく使えます

Panasonic HPより

日本の日常生活で役に立つことは少なそうですが、ウィンタースポーツを楽しむ方には嬉しい機能でしょう。

マイナス20度って、ロシアにでも行かなきゃそこまで寒くならんじゃろ〜

シロ
細かいツッコミは控えてくださいな。

他にも、「抗菌加工」や、「10年後でも70%の残量確保」など、便利な特徴がある製品となっていますよ。

「エネループ」と他ニッケル水素電池の比較

それでは、エネループ/エネループプロ/エボルタ等の比較をしていきましょう。

エネループ スタンダードエネループ プロエボルタ スタンダードエボルタ お手軽
値段(4本パック)1,464円1,664円1,290円845円
Amazon レビュー 星の数4.54.54.54.5
電池容量1,900mAh2,500mAh1,950mAh1,000mAh
繰り返し回数2,100回500回1,800回4,000回
抗菌加工××
おすすめ用途電子辞書・懐中電灯等デジカメ・ゲームリモコン電子辞書・懐中電灯等リモコン等

エネループ スタンダード」と、他パナソニック製のニッケル電池を比較しました。

エネループプロは消費電力が高いデジカメ等に適している一方、エボルタお手軽は消費電力が低いリモコン等に向いていますね。

用途によって電池を買い分けると良いのでしょう。リモコン等頻繁に使うものには、コスパの良い「エボルタ お手軽」で十分そうです。

一方、幅広く電化製品に使いたい方は、「エネループ スタンダード」がおすすめと言えるでしょう。

「エネループ」の良い点とイマイチな点

続いて、実際に「パナソニックニッケル水素電池エネループ」を使ってみて感じる、良い点とイマイチな点をまとめておきます。

良い点

  • しばらく新しく乾電池を買わなくて良いのが楽。
  • 乾電池代が浮いて節約になる。

イマイチな点

  • 特に無し。

パナソニックニッケル水素電池エネループ一番のメリットは、やはり乾電池代の節約でしょうね。

ニッケル水素電池自体の価格は、アルカリ電池等より高いですが、充電費用が10.2円程度と爆安です。

従って、5-6回使えばアルカリ電池よりお得になリます。

経済的に非常にお得な電池と言えます。私も使ってみて非常に満足していますよ。

「エネループ」レビューまとめ

本記事は、「【エネループ レビュー】エネループ プロ エボルタとの違いや比較」について書いてきました。

パナソニックニッケル水素電池エネループは、何度も充電し再利用が可能な、コスパが良い便利な水素ニッケル電池です。

アルカリ電池と比べて圧倒的にコスパが良く、使い切って買い出しにいく必要がありません。

私は使ってみて非常に満足しています。誰もが電池を使うと思いますので、貴方にもおすすめですよ。

デザイン
(4.5)
機能
(4.0)
コスパの良さ
(4.5)
総合評価
(4.0)

 

関連記事です。

 

こちら、エネループにも使える急速充電器です。エネループとセットで買いましょう。

Panasonic USB入出力 急速充電器 【エネループ 急速充電器 レビュー】デメリットも

 

こちらの記事で、これまで使ってきた中で、特におすすめのガジェットをまとめて紹介しています。

【2020年】買って良かった 便利なおすすめガジェット 買ってよかった ガジェット 2020【おすすめ】【便利】

 

日常生活の中で使えるIoT家電については、こちらの記事をご覧ください。

スマートホームのおすすめ IoT 家電 ガジェット【2020年】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA