【アンカー パワー コア 10000 pd レビュー】使い方や充電方法も【Anker PowerCore】

アンカー パワーコア 10000pd

  • 何かおすすめのモバイルバッテリーがあれば教えてほしい。
  • アンカーのパワーコアが良いと聞いたが、実際に使ってみての感想やレビューが知りたい。

今回は、こうした要望に答えていきたいと思います。

 

スマホやタブレットを外で一日中使っていると。時々バッテリーが切れそうになりますよね。切れてしまうと作業が滞るので、それを防ぐためにモバイルバッテリーを探していました。

そこで買ってみたのが、「Anker(アンカー) PowerCore 10000」です!

そういえば、これまでモバイルバッテリーのレビューはなかったよね。

シロ
その通り!今回が初めてになるね。別投稿で他バッテリーも紹介するよ!

今回は「【アンカー パワー コア 10000 pd レビュー】使い方や充電方法も【Anker PowerCore】」について書いていきます!

「アンカー パワーコア 10000」のデザインとサイズ

Anker(アンカー) PowerCore 10000」は、持ち運びやすい大容量のモバイルバッテリーです。

サイズは9.2cm×6.6cm×2.2cm(横×縦×奥行)、重さは184gです。名刺より少し大きめのサイズで、厚みがある感じですかね。容量が大きい一方、さして重くありません。

色はホワイト、ブラック、ブルー、レッドの4種類あります。私はシンプルなホワイトを選びました。

シロ
いつも通りの色のチョイスですな!
ここに内容
[/kjk_balloon]

デザインは非常にシンプルで、余計な機能やボタンは付いていません。

上部分には、バッテリー容量の残高を示すLEDライトが付いています。

側面についているボタンを押すと、チャージしていなくても、残高のLEDライトを確かめられますね

横には、入力と出力用のUSBの差込口がそれぞれあります。

表面はツルツルした手触りに仕上げられています。ただ、ツルツルし過ぎて滑りやすいわけではなく、手で持ちやすい感じになっています。

「Anker PowerCore 10000」の機能や特徴

Anker(アンカー) PowerCore 10000」は、大容量の一方、本体が小さくコンパクトな上、軽いことが特徴です。

先ずは「容量の大きさ」が挙げられます。

容量は10,000mAh/36Whもあり、同容量のバッテリーとしては、2019年12月現在で世界最小・最軽量のようです。

10,000mAhというのは、iPhone11/Proだと2回、iPhoneXS/Xだと2.6回、Galaxy S9だと2.3回、iPad Proだと1回の充電が可能な容量です。

外出中にスマホを2回も充電することなんてあるんかな?

シロ
自分のに加えて、友人や家族のスマホもチャージするとかさ。大容量で困ることはないよね!

次に、「出力の高さ」が挙げられます。

出力は5V/2.4Aを誇ります。

Ankerが独自に開発したPowerIQ及びVoltageBoostという技術により、この出力の高さが実現しています。

マルチプロテクトシステムも心強いです。

リチウムイオン電池は耐久性が弱く、電池が燃えたなんて事故も時々あります。「Anker(アンカー) PowerCore 10000」はそれを防ぐため、高度な保護機能を備えて、未然に自己を防ぎ、安全を担保しています。

具体的には、防火素材を使用したり、電池の周りを覆うプラスチックを2重構造にして、それを実現しています。

付属品には、「トラベルポーチも付いています。

ネット状になっていて非常に軽い一方、クッションが効く素材なので、仮に落としても問題ないはずです。

「アンカー パワーコア 10000」の良い点とイマイチな点

実際に「Anker(アンカー) PowerCore 10000」を使ってみて感じる良い点とイマイチな点をまとめておきます。

良い点

  • 10,000mAhと大容量で、各スマホを丸々1回以上充電が可能。
  • デバイスのサイズが小さく、名刺サイズ。
  • 重さも軽く、持ち運びやすい。
  • デザインがシンプルで、余計なボタンや機能がなくコンパクト。

イマイチな点

  • 強いて言えば、もう少し軽いと持ち運ぶのが更に楽に。

Anker(アンカー) PowerCore 10000」は、10,000mAhの容量を誇る一方、非常に小さく軽く、同容量では世界最小・最軽量のモバイルバッテリーです。

大容量を備えている一方、持ち運びにも優れているという点では、現時点で最も優れたモバイルバッテリーの一つだと思います。

「アンカー パワーコア 10000」と競合製品の比較

Anker(アンカー) PowerCore 10000」を、競合製品と比較してみます。

 Anker
PowerCore
10000
Philips
10000mAh
薄型
RAVPower
6700mAh
KYOYA
6000mAh
値段3,099円2,180円1,859円1,680円
Amazon
レビュー
星の数
4.54.544
重さ184g218g124g143g
サイズ9.2cm
×6.6cm
×2.2cm
15.3cm
×7.8cm
×1.2cm
9.0cm
×4.0cm
×2.5cm
12.0cm
×5.7cm
×1.2cm
容量10000mAh10000mAh6700mAh6000mAh
出力5V=2.4A5V=2.1A2.4A2.1A

幾つか競合と思えるモバイルバッテリーと主なスペックを比較してみました。

RAVPower 6700mAhは、「Anker(アンカー) PowerCore 10000」と同様の出力を誇りながらも、軽さやサイズでは優っているものの、容量が低いです。

容量や出力をみると、Philips製品がより「Anker(アンカー) PowerCore 10000」に近いですが、こちらは重さやサイズがAnkerよりも重く大きいです。

10000mAhという大容量と2.4Aという高い出力を両方兼ね揃えていて優れているのは、やはり「Anker(アンカー) PowerCore 10000ということになりそうです。

「アンカー パワーコア 10000」レビューまとめ

本記事は、 「【アンカー パワー コア 10000 pd レビュー】使い方や充電方法も【Anker PowerCore】」 について綴りました。

Anker(アンカー) PowerCore 10000」は、アンカー製の持ち運びに最適な大容量モバイルバッテリーです。

スマホの種類によっては2回もフルチャージが可能な10,000mAhの大容量に加えて、名刺サイズのコンパクトさで軽い、外へ持ち運び使うのに最適なモバイルバッテリーなのではないでしょうか。

スマホやタブレットを外出中にチャージした方には、是非使っていただきたい一品です!

「Anker PowerCore 10000」の評価
デザイン
(4.0)
機能
(4.5)
価格
(4.0)
総合評価
(4.0)

 

 関連記事です。

 

こちらもAnker製の10,000PDですが、薄型のモデルです。持ち運びに適していると思いますね。

アンカー パワーコア スリム 10000 PD 【アンカー パワー コア 10000 スリム レビュー】使い方や充電時間 【Anker PowerCore Slim 10000 PD】

 

これまで使ってきたガジェットの中で、特におすすめをこちらにまとめてみました。

【2020年】買って良かった 便利なおすすめガジェット おすすめ ガジェット 2020 【買ってよかった】【便利】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA