【東プレ キーボード Realforce レビュー】感動するおすすめキーボード

東プレ キーボード Realforce

私は本ブログを書くことや、本業でタイピングする時間が長いです。

今回、オフィスが移転し心機一転したので、勢いに任せてこちらのキーボードを買ってみることにしました。

それが「東プレRealforce」です。

キーボードって文字打てればどれも同じやないの?

シロ
僕もそう思ってたけど、「東プレRealforce」を使って、考えが変わりましたな。

今回は「【東プレ キーボード Realforce レビュー】感動するおすすめキーボード」について書いていきます。

「東プレRealforce」のデザインとサイズ

東プレRealforce」は、日本製の最高峰キーボードです。

サイズは「14.2cm×45.5cm×3cm(縦×横×厚み)」、重さは「1,320g」で、安定感があります。

私が買ったモデルは表面にマット感があり、手先が滑らず快適ですね。

シロ
僕が買ったのは、ブラックの静音モデルだよ!

キーボード表面の文字は薄茶色で書かれています。

他多くのキーボードのは白文字ですが、何というか味がありますね。

見た感じだと、別に他のキーボードと同じ気がするんだけど。

シロ
このキーボードを一度叩けば分かるけど、叩き心地が全然違うんだよね。ホント驚くほどに。

「東プレRealforce」の機能や特徴

東プレRealforce」は、とにかくタイピングの感触が抜群に良いキーボードです。

なぜタイピングがこれほど快適かと言うと、一つ目の特徴である「静電容量無接点方式スイッチ」構造がその理由です。

無接点方式だとチャタリングといって二重入力も避けられるのですね

極上のキータッチってどんな感じよ?

シロ
ズバリ、タイピングする感覚が楽しみになるんだよね。

エルゴノミクスといって人間工学に基づいた配置や角度になっている」も挙げられます。

キーボードの角度が上から下が反ったように作られている上、段差があるステップカルチャー構造になっています。

このおかげで、各キーが入力しやすく、長時間の場合でも快適にタイピングできます

続いて、「フルNキーロールオーバー」と呼ばれる機能も付いています。

複数のキーを同時に入力した場合も、正確に入力を行える機能ですね。

キー入力が行われなかったり、他のキー入力情報に変換されることを防いでくれます。

そして、「耐久性の高さ」も魅力です。

5,000万回のキー入力耐性試験をクリアしています。

5,000万回ってすごい回数やね。。。

USBでコンピュータと繋ぐのですが、「1,000Hzポーリン」と高速ですね。ケーブルは1.5mあります。

キーボードの裏側四方には「滑り止め」がついていて、タイピングしてもキーボードが動くことはありません。

そして、「タイピングの音」ですね。

叩くと「スコスコ」という音がします。慣れてくると耳に心地よい音です。

叩いていても気持ち良いんですよね。クセになりますよ。

「東プレRealforce」の良い点とイマイチな点

実際に「東プレRealforce」をしばらく使ってみて感じるメリットとデメリットをまとめておきます。

良い点

  • とにかくタイピングの感覚が感動的に良い。タイピングするのが楽しみになるくらい。
  • タイピングの音が静か。スコスコという心地良い音がする。
  • 手首や腕が疲れないような人間工学に基づいた作り。
  • 耐久性が高い。
  • 裏側四方に滑り止めが付いていて、タイピングしても滑らない。

イマイチな点

  • 値段が高め。

東プレRealforce」は、値段が高い一方、感動的にタイピングが快適且つ疲れなくなるキーボードです。冗談ではなく、本キーボードを買ってから、タイピングするのが楽しみになりました

「東プレRealforce」の使用して半年超の感想

東プレRealforce」を使い始めて半年超が過ぎたので、半年使っての感想を書いてみたいと思います。

先ず、「叩き心地が最高」です。

引き続き、キーボードの叩き心地が最高です。完全にクセになってしまいました。

キーボードで打ち込むのが楽しみになるんですよね。半年経っても相変わらず最高です。

次に、「特に故障無し」です。

仕事柄、私は結構キーボードを使うんですが、故障も無く、使い始めてから変わらず快調に機能してくれています。

5000万回の耐性試験クリアはダテじゃありませんね。

続いて、「キーボードカバーが無いのが玉に瑕」です。

東プレRealforce」は、私が知る限り、対応のキーボードカバーが発売されていません

キーボードの隙間に埃が入るのを防いだり、表面に手垢や汚れがつくのを防ぐ意味で、私はカバーを好みます。

が、「東プレRealforce」には、対応のキーボードカバーが無いんですよね。

なので、定期的にキーボードの掃除が必要になりますね。

ということで、対応キーボードカバーが無いのが残念なのですが、キーボード自体の使い心地・体験は変わらず最高です。自信を持ってオススメできる一品ですね。

「東プレRealforce」の競合製品比較

東プレRealforce」を、競合製品と比較してみます。

 東プレ
Realforce S R2
Logicool
K840
FILCO
Majestouch2
値段29,031円7,764円12,400円
Amazon
レビュー
星の数
4.544.5
スイッチ静電容量
無接点方式
ROMER-G
メカニカル
Cherry
MXキー
Bluetooth無し無し無し
Nキーロール
オーバー
×
耐久性5,000万回以上7,000万回以上

競合と思えるキーボードを東プレ以外で比較してみました。一見すると特に「東プレRealforce」と「FILCO Majestouch2」は、Amazon上の評価にしても、大きく変わらなそうです。

違うのは倍近くする値段とスイッチの方式で、東プレでタイピングするのがあまりにも心地良いのを実感している私は、他のレビューサイトなどを見ても圧倒的におすすめされている「東プレRealforce」をおすすめしておきます。

ホントにこのキーボード相当気に入ったのね。。。

シロ
これまで紹介してきたアイテムの中でも屈指なのは間違いないね!

「東プレRealforce」レビューまとめ

本記事は、 「【東プレ キーボード Realforce レビュー】感動するおすすめキーボード」 について綴りました。

東プレRealforce」は、タイピングの心地が快適で質の高いキーボードです。

少し値段が張りますが、ブロガーを始め、仕事柄タイピングを多くする方には是非ともおすすめしたいアイテムです!きっとタイピングするのが待ち遠しくなるのではないかと思います!

「東プレRealforce」の評価
デザイン
(5.0)
タイピングの快適さ
(5.0)
デザイン・質感
(5.0)
価格
(3.5)
総合評価
(4.5)

RAVPower 61W USB-C 【RAVPower 61W USB-Cレビュー】PD対応の急速充電器【評判や信頼性も】

Anker PowerPort Aom 3 Slim 【Anker PowerPort Atom ⅲ Slim 詳細レビュー】タイプCの人気な急速充電器!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA